2018年7月15日日曜日

標高千五百メーターの峠でノゾリキスゲの花々と戯れたけど、サロベツ湿原のエゾカンゾウに負けていないぜ - 野反湖富士見峠(群馬県中之条町)

     
観光シーズンの時だけ、一日三往復になる野反湖行きのバス路線なんだな。
途中には、秘湯や混浴で有名な花敷温泉・尻焼温泉に寄ってくれますよ。

JR長野原草津口駅から出発しますが、終点までは一時間もバスに揺られます。
グンと坂を上り詰めていく国道だけど、405号という聞いたこともない番号。

標高千五百メーター以上が最高到達点ですが、途中は1.5車線が延々続きます。
くねくねとカーブも多いし、揺られるたびに上さんは乗り物酔いしそうでした。

乗客は十人で、途中の集落でご夫婦が降り、花敷・尻焼温泉で男性が降ります。
残る七人が、野反湖方面まで向かいましたが、帰路も同じ面々になりました。

最近は、自家用車で野反湖まで出向き観光客がほとんどで、バス客は少ない。
だから、帰りのバスに乗るとき、みんな同じ面子だなって笑い合いました。

その中、かなりご年配の男性が、先月も見に来たと言って話してくれました。
バスの中にあったパンフまで取ってきてくれて、見所はどこか教えてくれます。

すると、野反湖の終点よりも、その手前の野反峠が美しいと教えてくれました。
まあ、百聞は一見に如かずだから、実際に訪れた人の意見は尊重すべきでしょ。

こうして、この年配のご老人と共に峠で降りましたが、お花畑はすぐ目の前だ。
ノゾリキスゲが一面に咲いており、黄色に染まった群落のお花畑は壮観でした。

   
それで散策路を歩いて行くと、この黄色い花とは違う色の花も見つけました。
パンフレットを開いてよく見ますと、ちゃんんと花の名前が書いてあります。

オレンジの花は、クルマユリだとわかりましたが、紫の花はアヤメなのかな。
でも、こんな標高の高い場所にアヤメが繁殖するのは、どうも怪しいんだよ。

それで、調べてみたんだけど、本当はノハナショウブという花だと思います。
だって、アヤメは外側の花びらに黄色い模様があるけど、それがないからね。

というわけで、たった三時間の滞在でしたが十二分にお花畑を楽しみました。
お題にも書きましたけど、黄色一面のお花畑と言えば、サロベツ湿原のエゾカンゾウも有名な分けですが、今回、野反湖を訪れてみて、負けもしなければ劣りしもしない、このノゾリキスゲのお花畑には、一生の内に一度はぜひ見に行っていただきたいと思うのでした。

クルマユリ、フウロソウ、ノゾリキスゲ
イブキトラノオの咲くエリアもありました
みんな写真を撮っていましたよ
パンフレット閲覧はこちらから



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年7月12日木曜日

朝顔の種を取って植え続けると、花の色が変わってしまう時もあるらしく、本当なんだろうか - 自宅の朝顔・ニッコウキスゲ(群馬県野反湖)

   
やっと、五月中旬に種まきして育ててきたアサガオの花が、咲いてくれました。
おそらく、どこかの家で咲いていた朝顔から種子を失敬した種類だと思います。

だって、花のふちが白いヘリになっていて、去年育てた単色のものと違うのだ。
それと蔓が伸びずに丈が短いままで、初めてつぼみを付けたから園芸種だろう。

タキイ種苗のホームページでは、矮小種のサンスマイルと紹介されていました。
それで、種苗会社が販売するのは、種ができても発芽しない三倍体じゃないの。

そうしないと、種子ができたら商売あがったりになっちゃうと思うんだけどね。
一方、自分が市民の森で種取りした朝顔は、野生っぽくて蔓がぐんと伸びます。

グリーンカーテンで植えたはずなのに、みんな矮小種だったら役に立ちません。
でも、丸葉朝顔とか芋根の星朝顔とか育てているから、どれかは伸びるだろう。

芋根の星朝顔、花は少し小ぶり

そんな期待を掛けつつ、今週末からの三連休にニッコウキスゲを見に行きます。
それは、群馬県の野反湖ですが、ここのキャンプ場は予約で満杯状態なんだな。

本当は幕営してのんびりしたかったけど、人気の場所なので日帰りに変更です。
まあ、ヤフーの路線情報でできるのか調べてみたけど、できなくもなさそうだ。

先ず、横浜からJR吾妻線の長野原草津口駅を目指し、朝六時過ぎに出発します。
到着は十時過ぎになって、それからバスに乗り換え、お昼前に湖へやっと到着。

帰りのバスが三時過ぎに出発するので、三時間ぐらい散策すれば十分でしょう。
一方、この花の見頃はやや過ぎたようですが、それでも楽しみにしております。

三年前、秋田駒ケ岳のニッコウキスゲ群落

それで日帰りを考えたけど、乗り物に十時間以上も揺られるのがきついのだ。
自宅に戻っても夜十時過ぎになってしまうし、挫折してホテルを取りました。

運よく伊勢崎に宿が空いていて取れたので、翌日はゆっくり帰るとしますか。
近隣の舘林では、夏の城沼花ハスまつりも開かれているので、寄ってみたい。

遊覧船で鑑賞ができると、NHKローカルニュースでも紹介されていました。
以前、大船フラワーセンターは混雑で見られなかったので、今回はリベンジ。

というわけで、三連休は花めぐりを急遽仕立てて、出かけることにしました。
一泊二日だから出発前に、アサガオにはたっぷりと水を与えてから出かけておけば、しおれることもなく大丈夫だと思いますので、今から美しい花々を楽しみにしている自分がいるのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年7月9日月曜日

ACアダプタは、使わなくても微弱ながら電流が流れているらしいけど、ほとんどゼロみたいなものだって - 携帯機器の充電アダプター(その他)

    
百均一のダイソーに行くと、ついつい余計なものまで買ってしまいます。
それで、一緒だった上さんから、試しに一個だけとダメ出しされてしまった。

それが、この一個口の節電タップだったのですが、理由は待機電力カット。
既にPCや液晶テレビに取り付けて実践中ですが、今回はUSB充電器なのだ。

スマホやタブレットPCの付属品でして、結構、家じゅうに転がっております。
専用アダプターを使うのが普通だと思う一方、部屋のコンセントが少ない。

だから三口タップを付けて数を増やして、一度で複数充電に対応しました。
ただ、抜いたりするのが億劫になってきて、差したままで電源を切りたいな。

そこで先ず考えたのは、延長コードにスイッチ付きの一口型を差して使います。
ヨドバシだと、2mコード付きの市販品は数百円もするし、コードが長すぎだ。

他方、個別にスイッチのついたマルチタップもありますが、結構、高いのよ。
三口タップも既にあるから、この節電タップを有効に活用と思い立ちました。

つまり、百均の延長コード(50cm)と組み合わせて、三口に差込みます。
こうすると、三口分で六百円の出費で済むので、お安く済むかもしれない。

なので、試しに一個だけ買いましたが、延長ケーブルだけは二本の購入。
もう一本は、エジソンプラザで買った一個五十円のスイッチを後付けします。

これは、線を切って片側にスイッチを半田付けして、ネオン球も付けようか。
電子工作で買い置きしてい部品が余っており、有効活用の予定なんだ。

これがOKなら、残りの一口も有り合わせのケーブル・スイッチで製作しよう。
一方、この節電タップのスイッチでは、サイズで干渉するアダプターがある。

特に2Aと容量の大きなタイプで、これは自作の延長コードに差し込みます。
こうして、三個分のSW付き節電タップを完成させて、待機電力を減らそう。


家に転がっている部品で作ってみた

ただ、ネットで調べたら、この手のアダプターは、電力消費が殆どないみたい。
記事に消費量の目安でバラつきがありましたけど、差したままでも良いのか。

ただ、差しっ放しにして何か異常が起き、突然発火でもしたらどうしようか。
そういうのは嫌な気もしますので、スイッチは小まめに切るのが王道でしょう。

というわけで、待機電力の大きな家電は、もっと他にあるということでした。
調べていただくとわかりますが、テレビやデスクトップパソコンなどは、電力を食うみたいで、これにはすでに自作の節電スイッチをコードに取り付けたりしていますので、意外に節電に考慮して暮らしているのも分かりまして、万事無駄を省きながら、もったいないという気構えのエコ生活を工夫するのも、頭の体操だなと思った次第なのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!