2019年1月20日日曜日

30度くらいの斜面入り出しで立ち止まったら、「ボーっと生きてんじゃねーよ! 」とチコちゃんに叱られますよ - 全国のライトな上級コース(しらかば2in1 ・長野県立科町)

生きてるより、滑ってるだな!

リフト降り場から降りて、すぐに滑り出さないスキーヤーボーダーは多いです。
まあ、ボーダーはビンディングを締め直すから、毎回、面倒くさく座ってます。

あれを見ていると、時間当りのリフト乗車回数は、それほど多くはなさそうだ。
自分なんか、休憩するのはリフト乗車中と決めているし、立つ時は滑る時です。

つまり、ボーダーは、スキーに比べて体力を消耗するスポーツではなさそうね。
毎回、そんなことを思いつつ、スキーヤーでも斜面の入り口で立ち止まるんだ。

そして、斜面を検分したり、滑り出すのに時間を掛けるスキーヤーがいますね。
どうして下を眺めたりするのだろうと思いますが、25度程度なら不要でしょ。

自分だと、30度でも圧雪のバーンになっていれば、立ち止まるのは論外です。
平坦なバーンはスケーティングしても、斜面を安全確認したら直ぐにゴーなの。

PDFで内容はこちらから

でも、圧雪でも斜面が急になる上級コースになれば、立ち尽くす人もいるんだ。
邪魔くさくて、こっちは緩斜面から急斜面に直滑降で入るスリルがたまらない。

なに格好付けてやがるんだ、ど阿保とか、心の中で思ったりして滑り出します。
それがリフトから見ていると、以外にちゃんと滑る人も、そうだったりするな。

まあ、つるんで滑る人もいたり、お互いに気を使ったりして、そうなるのかな。
それにしてもスキーって言うのは団体競技じゃないから、一人で楽しむだけよ。

自分は、ひたすらに滑りまくるのが最高の人物だから、全く立ち止まりません。
一方、かなり高速で滑りまくるので、ゲレンデが混雑すればと危険になります。

このため、リフトの運転開始直後から滑り出し、混み出す前にひとます終了だ。
こうして、半日券は二時間で滑り終わってしまい、ゲレンデがつまらなくなる。

カバヤのチコちゃんガムもあったみたい

このため、次のスキー場へと移動するようなパターンが多いのが自分流なの。
カービングスキーだから簡単にターンできて、スキーは教わるものでもない。

ましてや、スキー板も値段の割りに性能が向上しており、安く揃えられます。
レンタルの料金も、さほど値上がりしていない感じで先ずは挑戦してみよう。

そして、少し板に乗れるようになれば、ひたすら滑りまくって上手になろう。
それが我流であろうが、滑って楽しいと思えるようになれば良いんじゃない。

というわけで、スキーは楽しんで何ぼの世界だから、レッスン受けなくてOK。
後は、自分が好きなようにのめり込んで滑りまくって、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言われないように、斜面を疾走する感覚を楽しめばいいだけなんだと思ったのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2019年1月17日木曜日

華為(ファーウェイ)も怪しいが、「日本解放第二期工作要綱」の怪文書があるくらい、対日工作活動には注意すべきなのかな - 全体主義国家の中国(そのほか)

クリックで拡大します

中国外務省から流出したと言われている”2050年の国家戦略地図”がえぐい。
台湾や朝鮮半島、インド、ベトナム、日本まで中国の領土にされてしまうんだ。

十年ほど前にネット上で話題になった絵図ですが、今考えるとそうかもしれん。
だって、南シナ海でサンゴ礁を埋め立て、人工島を作った後に要塞化したから。

当時は誇大妄想だと言われましたが、最近は現実味を帯びてきており危険です。
加えて、この計画を示唆する言葉が中国の軍関係者から飛び出したりしている。

それは、米太平洋軍司令官が、議会で中国軍幹部の提案内容を証言しました。
何でも、中国軍幹部が太平洋の西半分を中国に支配させろと提案をしたのです。

その代わり、ハワイから東側をアメリカで支配しろなんて世界征服の基地外だ。
こんな提案をすること自体、支配の野望がくすぶり続ける狂犬国家でしょうな。

こんな中共と、お友達気分でビジネスをすれば、裏切られるのは自明の理です。
大陸に投資させられ、技術を盗めるだけ盗んだら、お払い箱されるだけなんだ。

14億の人口がある巨大市場といっても、所得の不平等を図るジニ係数が最悪。
ある大学が試算しましたが、貧困で暴動が発生するレベルの数値になりました。

だから、富が金持ちだけに蓄積されるだけで、消費は大衆まで還元されません。
真っ当な消費者市場が形成されると思えないし、そこそこに付き合うべきだよ。

一方、社会不安も暴動も起きないのは、中国が全体主義の抑圧国家だからだ。
民主主義的に政権が選択されることもなく、共産党の一等独裁による絶対王朝。

こんなわがまま、勝手し放題の暴虐国家は、周辺国に従属を求めるだけだろう。
そうでなくとも、俺と付き合えば上手い汁を吸わせてやると、邪悪に誘惑する。

こういうのは、まるで孫子の兵法にある”戦わずして勝つ”だけど騙されるなよ。
国家まで盗られてしまうのなら、安全保障の観点から毅然とした態度を取ろう。

だって、重商主義の英国政治学者、アダムスミスがこんなことを言っています。
”国防は富裕よりもはるかに重要である”と、しっかり国富論で述べていました。

意見広告を読みたきゃ、ここから

そう思うと、中国など絶対に見方になる国家でもなく、ファーウェイもそうだ。
ご存知の通り、この会社は、通信機器の調達で国内から締め出されそうなんだ。

つまり、安全保障上の同盟国アメちゃんからアベちゃんはお触れを受けました。
それで、華為ちゃんは危機感を感じたのか、主要五紙に意見広告を載せたのね。

でもね、お里が知れるってぐらい、日本からの調達額を数字で見せびらかした。
これって、俺のポチになればおいしいビジネスになると、甘い罠で誘う手口だ。

逆説的に、付き合わないと貧乏するよって、ソフトな恫喝かもしれませんなあ。
でも、儲かれば良いってもんじゃないし、日本人は汚い金は遠ざけるものです。

要するに、日本人は道理をわきまえた儲け方が基本なのであって銭ゲバは不要。
中国人は、その辺の節度を知らず、儲けることに奔走して環境破壊も凄まじい。

PM2.5を黄砂に乗せて輸出して来るなと言いたいほどで、世界の厄介者なんだ。
つまり、全体主義の抑圧国家より自由な三権分立の国家が、はるかにマシです。

まあ、アメリカ駐留基地が日本にあるから、中国に対する脅威になのも事実だ。
思いやり予算で基地運営の維持費を負担した結果が、アメリカ軍は傭兵代わり。

そう思うと、アメリカと仲良くしておいた方が無難で、基軸通貨ドルの国だよ。
危ない橋渡って中国と仲良くなる方が、つむじが左曲がりって言われそうだな。

というわけで、シナ人は二千年来、孫子の兵法に拘泥した金の亡者ってことね。
上さんは、台湾企業のHTCのスマホを使っていますが、おらは、どんなに華為のスマホの性能が良くても、仮想敵に情報を傍受されたくないから、台湾企業のASUS、アップル、ソニーエリクソンとか、それ以外のメーカーを選んでおこうと断定する自分がいるのでした。


おまけ:
「日本解放第二期工作要綱」はウイキペディアで紹介されています。火のないところに煙は立たないってことだろうね。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2019年1月14日月曜日

町民ゲレンデに加えて、この西川町自体に対する思い出がたくさんあるんだな - 西川町民スキー場(西川町・山形県)

画像のクリックで拡大できるよ!

この西川町で、最も奥にある大井沢地区は、かつては寒村で無医村でした。
交通も、専ら徒歩に頼るような時代が長く続き、悲惨な日常だったといいます。

そんな地域も、仙境のナイチンゲールといわれた志田周子が輩出されました。
当時、小学校の校長だった父親の希望から、彼女は地元の医師になったのです。

東京で勉学した彼女にも未練はあったのでしょうが、三年の約束で帰郷します。
ところが、以降、自身が鬼界の門を叩くまで、これが一生の天職になりました。

そんな女性の活躍を地元で顕彰する強い希望があり、最近、映画化されました。
タイトルは「いしゃ先生」で全国公開されましたが、主演は平山あやさんです。



ユーチューブに紹介されていますが、少し興味もあって見てみたいと思うんだ。
なぜなら、こんな郷土に根ざした映画で、「武士の家計簿」もあったからです。

この映画、出張中、タイ航空の機内エンターテイメントで鑑賞いたしました。
舞台は、江戸時代の金沢で県民がこぞって見たようで、意外に面白い映画なの。

でも、地元の思い入れが強い映画作りは、やりすぎから駄作に陥りかねません。
福井では「恐竜を掘ろう」って映画をリリースしたんですが、評価も低空飛行。

ヤフー映画のレビューは、五段階で1.8と、どうにもお寒い作品の仕上がり。
同県出身の俳優、大和田伸也が初メガホン作品という触れ込みなんだけどなあ。

松形弘樹、内山理名、鈴木砂羽の配役と豪華だったのに、いかにも残念なんだ。
まあ、これに比べて、この映画作品は、脚本家が小説として発表もしています。

実話に基づいた映画だし、手堅い作りで感動させてくれると、期待も沸きます。
そんな舞台になった大井沢地区のある西川町は、スキー場なら月山が有名だよ。

春夏スキーのメッカだけれど、そんな町にもちびっ子ゲレンデが存在致します。
リフト一本と小規模でも、国道112号線からは二三分の抜群アクセスなんだ。

そんなメリットを活かし、手作りチラシでもアクセスの良さをPRしています。
自分も天童方面へ抜ける途中で、たらのきだいスキー場を経て寄り道しました。

平成6年1月2日滑走

まあ、月山のゲレンデは通いましたが、この国道沿いに日帰り温泉もあったな。
間沢温泉 ザ・サッテロという看板でしたが、既に廃業してしまったのは残念だ。

その正体は民営の温泉ドライブインで、珍しいですがサッテロが気になります。
調べたのですが、付近の地名はアイヌ語で、爽やかな高地といった意味らしい。

まあ、こんな所までアイヌの人が住んでいたのかと思えば、想像も飛躍します。
そんな雰囲気で名づけたのでしょうが、スキーに加えた懐かしい地域の思い出。

というわけで、この西川町には戦時中に詩人 丸山薫も疎開して、小学校の代用教員をしながら詩作に励んでいたようで、いくつかの詩はいまだに人々の記憶に残る作品となって残っていますし、ブログの記事でそれを紹介したほどですから、何かしら自分にとっては強く記憶に残る自治体になっているのだなと、思うのでした。


おまけ:詩人 丸山 薫の投稿は、こちらから。
帆・ランプ・鴎ですぐ分かる人は、かなりの文学マニアだと思うよ - 月山スキー場(山形県)

こちらから、PDFで中身もみてね



いいねと思ったら、二つポチっとね!