2017年10月15日日曜日

百万ボルトとカラオケでがなって歌っても、本人もつい認めてしまったのだからOKとしよう - 金木犀(栄区・横浜市)


この花、人工的に調合された芳香剤の香りのベースになったナチュラルの香りです。
金木犀(キンモクセイ)なのですが、自分が住む辺りでも、庭木で植えられています。

距離にして五百メーターはあると思いますが、匂いは目の前の丘を越えて来ます。
それなりに小高いので、風に乗ったとしても、強い香りだからこそ届いたはずです。

そして、毎年、この匂いがすれば、秋の季節がめぐって来たなと、強く実感します。
でも、道産子にとって、この香りは便所の芳香剤でしかなかったというのは、本当。

だって、この木は北海道の寒さには耐え切れないので、育てられないと言います。
自生できたとしても、東北地方でも宮城、山形辺りまでらしいので、温帯の木です。

それでも、内地で働くようになって、この界隈に移り住む前は、気にしませんでした。
やはり、民家に庭木で植えられているような、緑の多い地域でなければと思います。

目の前は飯島市民の森もありますし、この香りに包まれつつ、森の中を歩きました。
その日、秋雨前線が湘南の海に張り付いて、まるで梅雨が舞い戻ってきたかのよう。

夜半から雨も降り続き、どんよりとした空のおかげか、気温は二十度を上回らない。
ひんやりする中、咲いたホタルブクロを発見したり、自然のありがたみに感謝感謝。


この花は、北海道だと野に咲く花ではないというし、ガーデニングなら咲くのかな。
自分にとっても内地に移り住んで見ることのできた花ですが、赤い花もあります。

ところで、キンモクセイは、堀内孝雄が歌った”君の瞳は10000ボルト”に登場します。
一番の歌詞ですが、ヒットした頃、未だ北海道で大学に通っていた当時が懐かしい。

 鳶(とび)色のひとみに
 誘惑のかげり
 金木犀の 咲く道を

 銀色の翼の馬で 駆けてくる
 二十世紀のジャンヌ・ダークよ

 君のひとみは10000ボルト
 地上に降りた最後の天使
 君のひとみは10000ボルト
 地上に降りた最後の天使...

一方、この歌詞を勘違いして、みんな百万ボルトとわざとカラオケで歌ったりしました。
仕舞いには、堀内さんまで言い換えて歌ったりして、それが思い出になったりしてね。

それで、この曲は、化粧品メーカーの資生堂が、秋のCMソングとして採用しました。
ベネフィークグレイシィアイシャドウの宣伝だったのですが、モデルはルーシー島田。

今頃、ググってみて初めて名前を知ったりしましたが、もっと興味深い発見もあります。
それは、とあるブログで、このモデルさんの消息を書いた投稿があったということです。
    
   
何でも、関西でスナックのママをしていたとかで、ボトルキープがカティサークだけとか。
妙にリアルさも漂って信憑性を感じてしまうのですが、彼女は今何をしているのだろう。

というわけで、今時は、メディアはハーフのタレントばかりで、みんなそれなりに活躍もしていますが、はるか四十年前だと、ハーフのタレントさんは数えるぐらいしかいなくて、まだ合いの子とか差別用語を平気で言っていた時代なので、彼女は、芸能界で活躍することもなく自然と消え去って行ってしまったようですが、ならば、あの人は今みたいな番組で、紹介してもらえないものかと、つい思ってしまうのでありました。






いいねと思ったら、二つポチっとね!



2017年10月12日木曜日

”らっせーらー”と掛け声を出せば、ねぶたの鍾馗様も躍動するけど、黄色のお花は可憐で、秋の夜長に虫も鳴きまする - 鍾馗水仙と秋の虫たち(栄区・横浜市)

     
黄色いヒガンバナを見つけてうれしくなりましたが、園芸品種だと思いました。
一軒家の小さな、あまり日当たりの良くないお庭に、数株ほど咲いています。

中には、写真のように花が重くなったのか、茎がたわんでしまっていました。
つい見とれてしまいましたが、犬の散歩で通りがかりの婦人も立ち止まります。

黄色い花は珍しいとか、野生で無くて園芸用だとか、二三言葉を交わしました。
この家の他に、もう少し先へ歩いていった歩道脇の花壇でも、見つけています。

これは一株でしたが、球根がしっかり土に埋まっていて植えられたと分かります。
調べましたが、咲き出し方が赤いものより遅いので、恐らく鐘馗水仙でしょうか。

読みは”しょうきずすいせん”と言い、九月から十月に掛けて咲くとありました。
この花、昔は墓地などに植えられていたので、忌み嫌う人も多かったようです。

ただ、最近はそのイメージが薄らいだのか、ガーデニングで育てる人が増えました。
だから、これからは、白い品種と共に、秋のイメージに定着するのかもしれません。

ところで、この鍾馗は,花弁が波打っているさまを、鐘馗様のヒゲに例えたらしい。
鍾馗と言えば、端午の節句に飾られる絵を思い出して、なるほどと思いました。

ねぶた祭りの鐘馗様(しょうきさま)

あのもじゃもじゃした、おヒゲの雰囲気が、それなりに似つかわしい感じもします。
ところで、秋の夜ともなれば、虫の鳴き声の聞かれる季節がめぐって来ましたよ。

自分の住まいするマンションには中庭もあり、そこが虫達の住処になっております。
よく耳を凝らして聞いておりますと、時々、鳴き声が違うので、色々といるのかな。

最近は、ユーチューブ等で泣き声が紹介されており、聞き比べて確認しました。
それで、自宅の周りで、少なくとも六種類の虫達が奏でているのが判明なのだ。

先ず、キリギリスは、少子化で廃校にした県立高校の草地でよく鳴いています。
カネタタキはティンティンとか細く、カンタンは流麗に鳴いて、マンションの花壇だな。

でも、カネタタキだけは、羽根の飛ぶ力が強いらしく、ベランダで鳴く時もあります。
一方、アオマツムシは、街路樹ならどこでも泣いている始末で、リィーリィーです。

涼やかな鳴き方で風流に感じますが、一斉に鳴けば騒音公害になりかねない。
明治時代に中国から渡来したようで、日本の固有種よりもしたたかなのでしょう。

そして、エンマコオロギは柏尾川の土手で、アオマツムシに負けじとコロコロ・リー。
音量を比べてみるとややか細いので、切れ切れに聞こえてくるのが、風流です。

豊国の浮世絵とか

そんな、行く秋の虫たちの最後は、単純にコオロギと呼ばれるツヅレサセコオロギ
古来、鳴き声が”肩刺せ、綴れ刺せ”と聞えたようで、それを冬の備えにしたとか。

意味は、寒さをしのぐ衣類は欠かせないので、その手入れをせよの意味でした。
昔は、着物も継ぎはぎをして長く着用していた時代ゆえに、針仕事は大切です。

今なら、飽きれば買い換えてしまうのがオチで、このコオロギも肩身が狭いよなあ。
というわけで、虫たちの声音を眠りのいざないにして、今宵も過ぎて行くのですよ。

上さんも、最近は虫たちの鳴き声が増えてきたようだというのですが、最近、目の前の飯島市民の森においては、倒木防止による伐採作業で明るい林層に変化したことから、虫たちが増えたのかも知れず、それがきっかけであるのなら、秋の夜長を虫たちと暮らす楽しさも増えて、また風雅なりやと思うのでありました。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2017年10月9日月曜日

周辺には様々な種類が繁殖していて、朝顔は本当に一般的な総称だって言うのが分かった - 芋根星朝顔(戸塚区・横浜市)

チューリップどんとアサガオ

我が家の居候、ぬいぐるみのチューリップドンと朝顔の花で撮影してみました。
この朝顔は、飯島市民の森のせせらぎ緑道に咲いていた朝顔の子供達です。

昨年の秋、すでに枯れていたツルを何気なく見たら、実をつけたままなのでした。
花壇に咲いていた朝顔は知っていましたが、枯れたままにされて少しかわいそう。

ならば、種を収穫して自分の家のベランダで育ててみようと決断して、採種です。
種にして三四十粒、少し取りすぎたかなと思いましたが、とにかく持ち帰りました。

ところが、季節がめぐって暖かくならないと種まきもできずに、忘れてしまいました。
でも、今年になって春も過ぎて、せせらぎ緑道の花壇でも、花が咲き始めています。

散歩してみますと、例の花壇も朝顔が蔓を伸ばし始めているのが分かりました。
それで、すっかり忘れていた種のことも思い出され、遅ればせながら種まきです。

もう、六月を過ぎていましたが、まだ種まきに間に合う季節だったから準備に着手。
百均に行って、腐葉土に培養土、植物用栄養液、移植ゴテを先ず買い揃えました。

それで、植木鉢ですけど、450グラムのヨーグルト容器に、底に穴を開けて自作。
ガーデニングは生まれて初めてだし、マンションのベランダもスペースが少ない。

なので、リサイクルも兼ねて最小限の鉢にして、四鉢に種を撒いて育ててみました。
こうして、今の今まで咲き続けてくれたし、種子もかなり残してくれて良かったなあ。

それで、育ってくれた朝顔は赤紫色の花ばかりでして、青色はありませんでした。
青があれば良いなあとか思っていたら、ご近所で栽培中は小ぶりなブルーなのだ。

下の写真と葉を比較してください
    
歩道の脇を流れる側溝で、安全柵に絡みつくようにわんさか旺盛に開花中です。
ただ、花が少し小ぶりで、自分の育てたのと葉の形も違うようで、同じ種類なのか。

このため、非常に興味が湧いてきまして、日本で繁殖する朝顔を調べてみました。
その結果、この青いアサガオは、アメリカアサガオだというのが分かってきました。

一方、マメアサガオという白い花も、この朝顔から少し行った先で見つけた次第。
この花のことは、以前にも投稿しましたが、色々な種類があるものだと驚きました。

そして、戸塚へ買い物で柏尾川の土手道を歩いたら、別のアサガオを発見です。
花はやや小型で花弁が薄いピンク色ですが、花房の奥は濃い赤紫に変わります。

それ以外は葉の形がマメアサガオに似てはいますが、花の直径がだいぶ大きい。
これは別種のアサガオに違いないと思ったので、調べてみてハリアサガオかなあ。

でも、特徴のトゲが茎にできていないので違うような気もして、連休中に再確認。
この結果、イモネノホシアサガオが本当の正体ではないかと、結論に至りました。

マメアサガオは、花の直径が2センチほど
イモネノホシアサガオ
というわけで、この他、琉球アサガオのように種をつけない宿根草もあるのでした。
あまりにきれいな青色の花を付けていましたので、育ててみたくなって種を取りに行ったら、ツルばかりで変な花だと思っていましたが、オーシャンブルー、ラッキーブルーという名称で、苗をネット通販されているのを発見しまして、種で繁殖せずに地下茎で生き残る可愛げの無さより、毎年、種まきからこつこつ育てる朝顔の方が、日本人にはふさわしいと、つい思ってしまったのでありました。


いいねと思ったら、二つポチっとね!