2021年6月16日水曜日

花壇など露地植えにすれば、間違いなく咲いてくれるという植物が分かって来て、何でも鉢植えにできるのではないと気が付いた ー 紫蘭の植え替え(ガーデニング)

ここから球茎を失敬
      
昨年、近所の庭から失敬して鉢に植えたシラン(紫蘭)を植え替えてみました。
株自体は、その年に大きな葉を付けて成長していた感じですが、大違いでした。

掘り返すと、数珠のように成長した球茎から養分を費やして成長したみたいだ。
球茎を観察すると、外皮だけが残っていて、中はスカスカの袋状なっています。

ただ、生き残った球茎が無かったわけでなく、しぶとく増やしていたのもある。
生き残りをこのまま鉢に残そうかと迷いましたが、植え替えを決断致しました。

場所はマンションの中庭にある花壇で、手入れのされない日当たりの悪い場所。
日当たりの良い方は、住人有志が同好会を作って、手厚く面倒を見ていますな。

だけど、通路を挟んで日当たりの悪い方は、誰も手を入れず、ドクダミの天下。
以前はそんなに繁殖していなくて、気にも留めませんでしたが、最近はひどい。

それでも、ぽつぽつと住人が無断で植えたような園芸植物が、寂しく咲きます。
まあ、ドクダミの白い花一色では殺風景な感じもするし、草丈が短く貧相です。

なので、ここに赤紫色の紫蘭が咲けば、カラフルになってきれいだろうと判断。
本当は、この花壇に黄色いヒガンバナの球根も、こっそり植えてあって楽しみ。

ちょうど、サツキが群生しており、その境界の際であれば掘り返されないかな。
そう思って、ベランダの鉢植えでは咲かなかった二株を、独断で移植しました。

ここは日当たりも悪くて栽培の条件も良くないせいか、土壌も石混じりのまま。
それでも、花壇と言っても露地には違いないので、鉢植えより条件は良いかも。

特に、彼岸花や水仙のような球根植物は、鉢植えは何年たっても咲きませんな。
園芸相談でもよく質問されており、ベランダでの素人栽培は無理と諦めました。

なので、この紫蘭の球茎も、石積みの垣根のへりに断りなく埋め込んでおいた。
土との相性さえ良ければ、花が咲けるほどに球茎も大きくなってもらいたいよ。

この他、捨てられていた球根を拾い、ベランダで栽培しましたが全く咲かない。
結果、諦めて、中庭の日当たりのいい方の花壇に、こっそり植えたこともある。 

ベランダで咲いた花々
球根釣鐘草(釣鐘水仙)
      
そうしたら、ついこの間、青色の釣鐘草が咲いていて、やっと正体が分かった。
ベランダのハナニラも小さな球根を実るので、花壇へ埋めに行ったりもします。

球根が小さいめで、育つか不安でしたが、翌年にはちゃんと開花していました。
というわけで、ベランダで鉢植えの栽培できない品種が何となく分かって来た。

他方、ホタルブクロ、カワラナデシコ、ムスカリなどは鉢植えでもベランダで咲いてくれますし、球根植物のフリージアやオキザリスも、それなりに花が咲きましたので、半人前の園芸愛好家としては、花の咲いてくれる植物を試行錯誤で探し出して行くしかないなと、感じるのでした。
        
おまけ:以前の投稿も読んで下されや。




いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2021年6月14日月曜日

ロマン派音楽のクラシックでドイツ一辺倒の食わず嫌いには、聞かせてやりたくなる作品には違いない ー ラロ・ピアノ協奏曲(フランス作曲)

視聴はここをクリック
    
ドレミファソラシドと、八つの音階の組み合わせだから、似通う時もあります。
それが、盗用のそしりを受けなければ、立派な音楽作品になるのは当り前です。

なので、聞いているうちに、どこかで聞いたような曲だと思っても仕方ないか。
このピアノ協奏曲も、映画の”アラビアのロレンス”や”野生のエルザ”を思い出す。

なので、親しみやすく聞きやすさはあるが、演奏される機会もまれな隠れた曲。
個人的に好きなのですが、オーケストラの演奏が雄大過ぎてピアノの影が薄い。

独奏部の展開は、かなり高度な技巧を要求されそうでも地味に感じてしまうな。
なので、独奏者が自分の技量を発揮して、聴衆にアピールするのは難しいかも。

それでも、主題のメロディーが印象に残るし、最期まで繰り返し展開されます。
こうして、圧倒的な大団円で押しまくった協奏曲も、二十分と短いのが残念だ。

やっぱ、独奏者は三十分以上の曲でなければ、演奏したくないのかもしれない。
なので、録音されたCDが少ないのですが、秘曲に近いような味わい深さもある。

視聴はここをクリック

このラロという作曲家は、四十代後半で有名になるまで、しがないビオラ奏者。
これまた、地味な音色を奏でる楽器の奏者だった分けで、派手さはありません。

しかも、最初に発表した作品があまりに不評で、作曲を止めようとしたくらい。
中年になって、やっとこさ発表したのに、批判されたらやる気は失せるだろう。

そんなラロさん、弦楽器つながりでヴィルトゥオーソのサラサーテに巡り合う。
十九世紀を代表するバイオリニストですが、彼の助言を得て代表作品を作った。

それが、ラロ渾身のリリースした”スペイン交響曲”で本当はバイオリン協奏曲。
サラサーテに献呈されていますが、ラロと言えばそれしかないほどに有名です。

まあ、交響曲と命名するほど、協奏曲もオーケストレーションに力が入ります。
なので、このピアノ協奏曲も、そんな曲風に落ち着いてしまったのでしょうな。

というわけで、フランスの作曲家、マスネ―のピアノ協奏曲もお勧めの一品だ。
こちらは、日本に何度も来日した、名人芸ピアニスト、チッコリーニによる録音作品が残されていますが、この作品が発表された二十世紀初頭では評価につながらずに埋もれてしまったのが惜しいほどに美しい作品でして、”タイスの瞑想曲”だけが彼の代表作ではないんだよと、思ってしまったのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2021年6月12日土曜日

英語名が「Love in a mist(霧の中の恋)」なので、”困惑”や”夢の中の恋”など、夢と関連した花言葉が多いんだ- ニゲラ(クロタネソウ・ガーデニング)

    
アスファルト道路と路肩の縁石の目地の隙間に、ブルーの花が咲いていました。
見た目がナデシコに見えて、咲き終わって実を結ぶと、丸い球ができています。

近所のスーパーまで歩いていく途中で見つけましたが、果房を摘み取りました。
間もなく枯れて種子がはじき飛びそうな房を、二三個を選んで持ち帰りました。

帰宅してから試しに一個の表皮を剥いでみたら、緑色の種子が弾け飛びました。
残りは、スーパーにある無料ポリ袋の中で割いて、そのまま熟すようにします。

果房をそのまま袋の中に入れておいて、種が完全に仕上がるのを待ちましょう。
この花は、江戸時代末期に持ち込まれた植物で、一部で野生化しているらしい。

オレンジ色のナガミヒナゲシも同じく春先に見られますが、どちらも渡来の花。
ナガミヒナゲシは、雑草化しても有害な植物となり、在来の植物を圧倒します。

他の植物が育たないような物質を、根から土中に放出するアレロパシーがある。
なので、有害な植物とみなされる感じですが、こちらはそうでもないらしいよ。

花は直径4〜5cmで、白、桃、紫、青などの花色がありますが、見かけたのは青。
近所のヤグルマギクと似ていますが、膨らんだ果実を持つので見分けられます。

まあ、コンクリートの隙間に溜まった塵のような土でも花を咲かせていました。
繁殖力は旺盛だと思いますが、ナガミヒナゲシほどではないのかもしれません。

それで、この花は秋に撒く植物ですから、今回ゲットしたら果房の種子に期待。
しっかり種子が採れたら、来年の春に開花するように、種まきを計画しますか。

        
ところで、この間、近所に生えている山椒の木を発見した記事を投稿しました。
それ以降、他にも見つかるのではと考え、散歩しながらキョロキョロする日々。

クロタネソウを見つけた帰り道で、この木がないかと探すともう一株を発見だ。
駐車場と隣接したアパートにあるコンクリート擁壁の上で、貧相な低木がある。

金網のフェンスが切れて擁壁が道路へ切り立ちますが、僅かに路地が残ります。
そこに低木が生えていますが、道路脇の歩道からは人の背の高さもありました。

このため、注意して見ていなかったのですが、よく見ると葉っぱが特徴的です。
しかも、枝に棘が対生で生えており、この点からみると山椒の木で間違いない。

しかし、こんなところにぽつんと生き残っていて、実に不思議な気がしますな。
そばのフェンスは、野生化したナガイモが蔓を絡ませて、昔は農地だったのか。

周辺には、昔はかなり大きなため池だった”わんわん池”もあるのでそうかなあ。
というわけで、近所には市民の森も残されているし、まだまだ自然が豊かだ。

この間も、市民の森でオオバウマノスズクサらしき植物を見つけたのですが、その後、誰かが盗掘して跡形もなくなっていて、心無い人もいるものだと思ってしまうほどに、自宅の周辺に残されている自然にうれしくなってしまう、自分がいるのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2021年6月10日木曜日

鉢の中には、うどん粉病、さび病に侵されている株が出て来て、これは何か対策を施さねばと思った ー ミリオン(珪酸塩白土)

    
ベランダでガーデニングをするのが趣味になって、はや十年近くになりました。
この間、色々な植物を栽培して来たのですが、ネットで必要な情報を集めます。

育て方ももちろんですが、丈夫に育てる土づくりが大切だと感じる今日この頃。
というのも、春先の四月頃になると、うどん粉病に罹る株が出てまいりますな。

この病気では、葉っぱにカビの菌が付着して白い斑点が目立つようになります。
今年も、赤紫理の花が咲くホタルブクロ一株が、やられてしまって枯れました。

他の鉢の植物にも白い斑点が現れたりして、心配になって農薬は散布しました。
カビの胞子が空気中を漂い広まるようですが、植物の免疫次第で駆除するはず。

つまり、植物に勢いがあれば大丈夫と思うのですが、株が弱っているのかなあ。
多分、気温のあまり上がらない時期に、鉢に水をやり過ぎている感じもします、

根腐れを起こして弱っているのか、或いは、水はけの悪い土を使っているのか。
鉢植えですから、宿根草、球根植物になると、頻繁には用土を変えられません。

まあ、植物も成長のために用土の養分を吸上げますから、酸性化しやすくなる。
この酸性化した土壌は、植物には良くなくて、育ちやすいアルカリに戻したい。

そして、水はけのよいフカフカの土壌にまで回復出来たら、最高なんだけれど。
でも、鉢植えの栽培なので、そっくり土替えとなると手間暇の掛かる作業です。

なので、鉢の用土の表面に撒けるような、土壌改良剤とか肥料が欲しくなった。
肥料については、液体肥料があるので購入して、時折撒いておけば良いだろう。

育苗ポッドで無事発芽

次に、酸性化した土壌の改良については、今までは苦土石灰を振りまきました。
この石灰は土壌を中和する作用があり、マグネシウムのミネラルも補給します。

経験から効果はあったと思いますが、もっと効き目のある改良剤が欲しくなる。

使い方は似たようなものですが、鉢植えで用土に撒く方法が説明されています。
苦土石灰ではあまり説明されていませんが、あえてミリオンでは解説している。

ネットでも実際に使用した結果を探すと、概ね評価の高い印象が目立ちました。
苦土石灰よりミネラル成分が豊富とあって、植物が丈夫になるような感じです。

なので、これは使って見ようと思い立って、思わずアマゾンで買ってしまった。
実は、”金の墨汁”という光合成細菌の培養液体を、ネット通販で物色していた。

これがアマゾン直の商品で、二千円以上の注文だと配達料無料にしてもらえる。
なので、このミリオン1Kgに土壌改良剤のベラボンも加えて、注文したんだな。

近所の店ですと、園芸用品の品数が少ないので、購入するにはアマゾンが便利。
使って見て良ければ、今後はアマゾンで買ってしまうかもしれないと思います。

というわけで、色々な鉢にミリオンをまいて、効果が出るか経過観察中なんだ。
このミリオンをよく見ますと、既に購入済みの、”金の墨汁”のヤサキが出している”連作障害ブロックW ”の顆粒と雰囲気が似ており、こちらは天然ゼオライトに金墨汁成分を合成した改良剤で割高ですから、当面はミリオンと比較しながら、コストパフォーマンスを比べようとする自分がいるのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村