2021年5月11日火曜日

アカツメクサの種子も古い時代のまが玉のようなおもしろい形をしていますが、このゲンゲの種も似通ってソラマメみたいで、マメ科の植物だけのことはある ー ゲンゲ種子(ガーデニング)

    
超小型のソラマメみたいな種子ができましたが、縦2横1mmしかありません。
ただ、マメ科の植物だけに種子に豆の特長を伴っているのがかわいらしいです。

プランター一面に咲かせるとピンク色の群落になって、蜂も蜜を吸いに来ます。
この花は蜜を多く含んでいるのか、何度も、マルハナバチが止まっていました。

蜜蜂の仲間ですが、少しずんぐりむっくりした形で、ホバリングが微笑ましい。
こうして、春がやって来たんだと、ベランダで実感することのできた花でした。

それで、この花が咲き終わると種子を付けますが、まるでマメの鞘のようです。
違うのは、一輪の花に複数個の房ができあがって、徐々に黒ずんで変色します。

そうなると摘み取って乾燥すると種子が採れますが、その前に刈り取りします。
茎や葉を緑肥として用土ににすき込むのが目的ですが、やむなく実行しました。

      
この摘み取った房は日光に当て日干しをしましたが、同じように黒ずみました。
この房をほぐすとパラパラと、小さな種子が飛び出して、来年の種まき用だな。

これを集めて紙袋に収めましたが、かなりの量が取れそうで秋に撒く予定です。
ネットの紹介では、二年連続で栽培すると緑肥として効果が期待できるらしい。

なので、来年も栽培するとして、今までは使った用土を熱湯消毒していました。
雑菌を殺す目的もあったのですが、養分が熱湯で洗い流されるかもしれません。

なので、来年は中断しようか考えていて、毎年する必要がないのかもしれない。
一方、緑肥は葉や茎をハサミ切り刻んでおいてから、熱湯で湯がいて撒きます。

残り湯もそのまま古い用土に撒きますので、栄養分は無駄にしない算段なんだ。
これが良いのか悪いのかは分かりませんが、これからの栽培収穫で判明します。

とにかく、プランターが小さくて、植物が思い切り用土の栄養分を吸収します。
秋口になれば、土がスカスカになってしまい、これを補うためのゲンゲ栽培だ。

というわけで、ベランダガーデニングには、毎年、用土作りが必要みたいです。
ゲンゲの植物を掘り起こしますと、マメ科にある特有の窒素の臭いがしますが、これが肥料になるんだなと感慨も新たにしつつ、減った土の分を足す作業を春先に繰り返す、自分がいるのでした。




いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2021年5月9日日曜日

皇族には戸籍がなくて日本国憲法で守られていないから、両性の合意は適用できないという単純で素直な理解をする自分がいる ー 「納采の儀」と「一時金」(そのほか)

人相学では、悪相だとか。
     
 複数の親族が連続して自殺、しかも一方の配偶者の家系だけ
 財産の相続をめぐって、強欲でみにくい確執の修羅場
 問題を解決するために、暴力団関係者が見え隠れ
    
もし、あなたが婚約者の身辺調査で分かったのなら、どんな行動をとりますか。
そして、遅くないのであれば、婚約解消を模索し始めるのではないでしょうか。

相手の家系に怪しさというより、それ以上に反社会勢力の影を認めるはずです。
要するに、これだけ揃ってしまうと、一般の家庭でも結婚は躊躇するでしょう。

ところが、これが皇室の秋篠宮家の真子親王のご婚約を巡った悪い噂なのです。
一方、秋篠宮は成就させたいと願って、孤軍奮闘して動いているのかもしれず。

宮内庁や政府は、特に官邸は皇統に関わる事案だから、警察を動員したはずだ。
だから、こういった疑惑は把握していると見るべきで、伝えられたのかどうか。

他方、K代は秋篠宮ではらちが明かないと、両陛下に会って話をするよう画策。
もう一段、ハードルを上げて、既成事実の積み重ねを図っている感じがします・

これは、犯罪組織の人間が、他人から戸籍を乗っ取る背乗り(ハイノリ)だよ。
高貴な家系に食い込んで身内になることから、自分の家系を消し去ってしまう。

これって、マネーロンダリングに近い家系に関わるファミリーロンダリングだ。
犯罪行為で稼いだ汚い金を、資金の出所をわからなくするために資金洗浄する。

マネーは転々と送金を繰り返して出所不明になるけれど、家系は戸籍が残るな。
戸籍をたどれば、三代くらいまでは、どんな人間か分かるから正体は判明する。

小室家の配偶者だったK代は旧姓が角田と言いますが、それで思い出したんだ。
だって、「尼崎連続変死事件」で主犯格とされている人物も、同姓なんだから。

既に、角田美代子は獄中で自死して、事件の真相は闇に葬り去られてしまった。
養子縁組を悪用することで、警察の介入を上手に妨げたと報道されていますな。

この手口は、暴力団や闇ビジネス関係者が良く使っていて、何かしら匂います。
そういえば、893の稲川会で、亡くなられた第四代会長は角田吉男さんだった。

うーん、ここまで来ると、この苗字を悪しざまに言う気はありませんが不穏だ。
というわけで、諦めきれないと言っても、彼女に諦めてもらうしかありません。

ただ、破棄を巡ってK室が、噂されている隠し録音や動画で逆襲を仕掛けてくるかもしれず、それが閨房の秘め事であったのなら大問題にもなって、そんな弱みを握られた展開の悪い予感で、この先、不安になった一日本国民の自分がいるのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2021年5月7日金曜日

江戸時代、半径五キロ以内が生活圏となって一生を終わった人が、たくさんいたっていう事実を、コロナ禍で考えてみた -まん延防止等重点措置(神奈川県)

懐かしい、ヤン坊マン坊の天気予報

お断り: 
この原稿は、五月連休直前に書いたのですが、保存先を失念してしまいました。 
このため、連休明けになってやっと探し出せたのでアップします、悪しからず。 

               ◇◇◇

いやはや、五月連休がスタートしてしまいましたが、マンボウ対象なので自粛。
なので、お買い物やハイキング程度に近所をうろつきまわる程度にすぎません。

まあ、家から歩ける範囲でスーパーが数軒あるし、自宅前は市民の森だったり。 
鎌倉までハイキングしようと思えば、鎌倉アルプスのルートも自宅から出発だ。

なので、公共交通の手段に依存しないで、自然に触れ合える横浜市民なんだな。
このため、アウトドアで時間を潰そうと思えば選択肢はあるので、遠出しない。

家で食事をするばかりで、昨年の元旦から外食をしていないという我が家です。
上さんが料理好きだったのが幸いで、毎日、手料理に舌鼓を打つ日々になった。

それに、週二日はテレワークで自宅に籠りますが、急ぎの業務がない日も多い。
メールを読んで処理して、後は暇になってしまうと、ベランダでガーデニング。

今年は、用土がいや地になって植物も育ちそうにない土壌を、出来る限り改良。
百均で買える65センチのプランター数鉢分の用土を、熱湯消毒したりと大奮闘。

こうして、五月連休に種まきや株分けなどに、いそしもうとする自分がいます。 
それで、ベランダで作業をしていれば、仕事をさぼっているのもバレないんだ。

こうして、日々平穏に暮らす高齢者再雇用組のつましくも、豊かな生活がある。
ところで、お題は本当の事で、江戸時代の庶民は安近短な暮らしだったらしい。

平和な時代、ワンコもお伊勢参り

だから、一生に一度、お伊勢参りがかなったら、それこそ果報者になる分けだ。
今でなら世界旅行みたいなもので、昔は、それだけ日常の移動範囲が狭かった。

まあ、それを考えると、コロナ禍で家から郊外へ出歩けなくとも、そんなもの。
考え方を切り替えてしまえば、流行り病で身近な生活圏の再認識につながるな。

というわけで、ベランダガーデニングの作業で、連休は終わってしまいそうだ。
今年は、アサガオの蔓を這わせるためのネット張りも新しく必要なのですが、昨年に自作したのが華奢で、強い風が吹くとズレたり動いたりしていたので、今回は地べたから天井へつっかえ棒のような支柱ポールを立てて対策しようと、アイデアを思案する自分がいるのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2021年5月5日水曜日

パリでサロン・ドートンヌやサロン・ザンデパンダンに出品したデビューで、アポリネールやピカソといった、当時の前衛芸術家たちの目に止まったのですが、早すぎたシュルレアリスムの絵画だったのだろうか ー 文中で紹介する画家(そのほか)

Still life with rocky landscape, 1942
              
「ゴーギャンは偽物の画家」
「セザンヌの風景画は稚拙で醜悪」
「マティスは絵の形にすらなっていない」
「モジリアーニの人物画は箸にも棒にもかからない代物」
「ダリの不快な色彩は吐気を催させる」

同時代の他の画家を批評した言葉だそうですが、あくまでも主観にすぎません。
ですが、このような罵詈雑言を吐く人は、、頑固で気難しい性格だと思います。

実際、この画家は有名なトラブルメーカーで、身辺の問題も引き起こしました。
先ず、45歳の時、自らの旧作を否定して、価値を貶めるような行為に走ります。

そして、60歳を越えて、過去に描いた作品を贋作だと難癖をつけたと言います。
挙句には、美術館から撤去を要請して自分の画業を否定するようになりました。

こう言った画家は、他人から見て毀誉褒貶の激しい人だと普通に思うものです。
まあ、冒頭の絵にしても陳腐な具象画に過ぎず、他人を批判する代物でもない。

むしろ、相手からは軽蔑されるほどの画量、画力だと思わずにはいられません。
なぜ、画家は、このような行動に走ったのか、疑問に思わざるを得ないのです。

確かに、形而上絵画の創始者であったのは事実ですが、それ以降の作風は平凡。
ここで、画家の名前を種明かしをしますと、それはジョルジョ・デ・キリコだ。

一体、キリコ氏に何が起きたのか、いい作品が描けなくてひねくれていたのか。
でも、たった十年間でも、彼の作品が打ち出したテーマが一時代を築きました。

The Profit, 1915
Hector and Andromache, 1912
      
そして、後のシュールレアリズムに引き継がれる先駆的な作品を残したのです。
この形而上絵画では、静謐、郷愁、謎、幻惑、困惑、不安などを感じられます。

わざと、遠近法における焦点をずらしたり、人間が登場しても小さい描かれ方。
唐突に彫刻が置かれていて場違いな印象を与えたり、昼間でも影が異様に長い。

その一方で、キュビズムの感化なのか、フォルムの単純化抽象化も見られます。
でも、不安感をあおるような描き方は、一貫していてそれが十年間に集中した。

実は、第一次大戦の始まる前から、このような描かれ方なのが興味を引きます。
国際情勢の不穏さが、画家の生活に影を落としていたということは無いのかな。

それに未だ二十代の若さですから、何事も感性が鋭敏だったと思ってしまうな。
それと、ウイキに書いてあったのですが、イタリア軍に招集を受けてもいます。

駐屯した土地は、繊維工場の多い街で麻を煮る臭いが充満していたとあるんだ。
その匂こそ大麻の成分が含まれていて、麻薬効果をもたらして作風を刺激する。

そうなると、ラリッた効果で覚醒されて、あのような絵画を描いたのだろうか。
だって、戦争終結で平和な生活に戻ると、ありきたりな具象画に戻ったからな。

だから、画家の才能よりも、それを刺激した時代の環境が大きかったのだろう。
そんな風に想えてしまうほどに、後半生の平凡な作品とのギャップは大きいよ。

というわけで、タマラ・ド・レンピッカと同じく、後半生で画力の落ちた画家。
ただ、彼女と違って絵は亡くなるまで描き続けていたようですが、その毒舌は衰えることもなく過激で、ただ、世間の注目を集めて絵が売れるのを画策したのではないかと思わざるを得ないほどで、そうなると少しわびしさの募る画家人生ではなかったのではないかと、思ったのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村