2022年10月3日月曜日

目的は違っても、百均のアイテムを使って、ガーデニングの水やりを一工夫してみた ー メダカのボウル(ガーデニング)

    
今年は、春咲植物の球根埋め戻しを、残暑の厳しい中でも終えてしまいました。
冷暗所で保存中だった球根も、既に細長い芽を出していたりして季節が来たな。

これで、ムスカリ、フリージア、オキザリスについては、発芽を待つばかりだ。
あとは、水やりを欠かせない分けですが、自分はじょうろをあまり使いません。

ベランダの鉢植えですから、散漫な水やりより、ピンポイントでやりたい分け。
なので、ペットボトルに取り付けるひまわりデザインの水遣りを使ったりする。

百均で売っていますが、ペットボトルは1.5リットル容量が適当だと思います。
1ットルは、頻繁に水を補給しなければならず、2リットルは片手には重いな。

なので、1.5リットルがちょうど適当で、後は水の補給をどうするか考えます。
ねじ込みを回してひまわり部分を外してから補給しますが、注ぎ口が狭いの。

漏斗は、こんな時の補給に便利ですが、これまではお手製の道具を使いました。
それで、ついこの間、百均をぶらついていたら、注ぎ口の付いたボウルを発見。

これなら、キャップを外した後に注ぎやすいと思って、速攻でゲットしました。
”メダカのボウル”と商品シールが張り付けられ、黒の艶消しタイプの品物です。

本来の目的は、メダカを飼育する人が、選別したり撮影するのに使うらしいよ。
しかも、光の反射を減らした艶消で、メダカの様子も簡単に分かるからしいな。

    
作業が終われば、水槽に戻してあげるので、注ぎ口からゆっくりと流し込むの。
これなら、メダカさんも驚かずに、元の水槽に戻って一安心することでしょう。

自分の場合、これをペットげボトルの水補給に使う分けで、適当なサイズです。
水の入った大きめのバケツをベランダまで運んだら、すくいやすく便利なんだ。

こうして、百均で見つけた商品は、もちろん打ち水用のじょうろにも使います。
これも百均の品物ですが、こちらはベランダの床を幅広く濡らす目的なんだな。

というわけで、一挙両得と言う分けで、意外にも新たな実用性を見出しました。
他には、最近、製造コストの上昇したせいもあるのか、店の棚に見られなくなっていた”四ツ目キリ”も久しぶりに発見して、園芸用の結束バンドを通す穴開けには非常に重宝ですから、併せて購入できたという幸せな買い物になったのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2022年10月1日土曜日

柑橘類の発芽する確率は高いと聞いたので、アゲハのイモムシさんの餌づくりに挑戦してみた ー 夏みかん(ガーデニング)

   
アゲハ蝶の幼虫は、食欲が旺盛で、餌になるヘンルーダの低木が丸裸状態です。
そりゃ、十匹も住み着いていたので、食べ尽くされたという感じでかわいそう。

七月の時点でそうなってしまったのに、アゲハ蝶が産卵したいのか飛来します。
フワフワと飛んできては、食べ物の葉っぱが足りないと見て飛び去ってしまう。

結局、新しい葉が成長して来る八月末までは、アゲハ蝶も我慢した感じでした。
ようやく産卵できたようで、六匹の幼虫がむしゃむしゃと食べている最中です。

このヘンルーダは、五年ぐらいで枯れるようで、枯れた年には産卵できません。
代わりの食草もないから、このままだとアゲハ蝶が途方に暮れる年もありそう。

なので、アゲハが好むミカン科の植物を、もう一種類、栽培してみてはどうか。
近所には、ユズ、キンカン、ナツミカンを育てている民家が多いのも事実です。

キンカンも近所にあるな
   
このため、近隣には色々なアゲハ蝶がよく飛んでいてクロアゲハも見かけます。
だから、将来はこの蝶にも飛来してもらいたいと思うので、別のも栽培しよう。

一番手っ取り早いのは、夏ミカンを食べた後に残った種子でこれを使いました。
普通は捨ててしまうものですが、意外と簡単に発芽するとネットに説明がある。

ただ、取ったばかりの種子には、表面がヌルヌルした物質が付着していました。
この物質は、酸味の強い果実から、種子を守るペクチンと言う物質らしいです。

ジャム、ゼリーなどに使われる食品添加剤で知られていますが、種子には大切。
だって、夏ミカン果汁の酸味が大敵でして、これから種子を守る役目なのです。

実は、このペクチンをきれいに拭き取らないと、ちゃんと発芽してくれないの。
ペーパータオルなどでぬめりを取ったら、その下にある薄皮を剥いでおきます。

この後、メネデールなどの植物に活力を与える溶液に浸して、発芽を促す分け。
自分の場合は三四日で芽を出し始めましたので、あっけなく意外に簡単だった。

というわけで、芽の出た三粒の種子を十号鉢に移し替えて、現在、成長中です。
本当は、近所で見つけたサンショウの木から挿し芽をして栽培しようと思っていたのですが、その前に手っ取り早い生育を優先させたようと、この夏ミカンを選んだわけでして、来年にはアゲハ蝶も卵を産み付けられる若木となってほしいと思うのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2022年9月29日木曜日

機械式マウスなんて、今どき使っている奴なんかいるのかよと思われても、捨てられないドケチ根性 ー USB-PS/2変換アダプタ(PCパーツ)


実は、PS/2マウスが家にごろごろ残っていまして、壊れたというより時代遅れ。
だって、スクロールするホイールすらついていない二十数年前のビンテージ品。

他には、スクロールできるタイプもありますが、予備として取ってありました。
ところが、時代はUSBマウスが主流になって、マザーボードの仕様が様変わり。

マウスの接続コネクターがUSBもなってしまって、PS2が使えなくなりました。
だから、無駄になりましたが、USBマウスが壊れた時に買い直すのが面倒です。

そう思うと、USBに接続できる変換アダプタさえあれば、簡単に再利用できる。
なので、速攻でアマゾンをで検索してみると、在庫が残りわずかでセール中だ。

一本、最安値が三百円台で売られていて、しかも送料無料なので買うしかない。
なので、予備として買っておいても損はないので、二本を注文してゲットです。

アマゾンのレビューでは、IBMのPS/2キーボードが華麗に復活したとリポート。
職場の不用品置き場に転がっていたもので、古き良きキータッチが最高だとさ。

自分の場合、マウスしか接続しないので、キーボード用の藤色コネクタは不要。
百均で買った園芸用結束ワイヤーで縛りながら、ぶらつかない様に工夫します。

こうして、一つの械式マウスを接続するとホイールが壊れてスクロールしない。
ネットで調べたら、光学式と違って可動部が多いので、ホコリが溜まるようだ。

   
これが悪さをするので、分解して掃除をすると説明されており試してみました。
確かに内部はホコリが溜まっていて、これを取り除いて再度組み立て直します。

こうして、再生されたマウスを使ってみると、ホイールの動きは変わらずダメ。
でも、ホイールのクリックはできるので、これで、スクロールができるんだな。

マウスを上下左右に動かせばスクロールしますが、動かし方にコツがいるんだ。
まあ、これで代用することにして、PS/2マウスは使い切ってしまうことにした。

というわけで、百均キャンDoのUSBマウスを使うより、レトロマウスの方が上。
昔のマウスは、意外に作りがしっかりしているので、なかなか壊れてくれませんから、このUSB-PS/2変換アダプタを活用して接続しながら、後生大事に使っていこうとする自分なのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2022年9月27日火曜日

秋の季語としては、その音を聞けば、いかにも風流だと感じますが、北海道では生息していないので季語にしてはいけません ー カネタタキ(昆虫観察)

   
上さんが、家の中でチンチンチンと鳴く秋の虫が闖入してきたと騒いでいます。
確かに家の中で鳴いているような気もしますが、ベランダも鳴いているのです。

だから、どうも二匹が鳴き合っていると思っていましたが、縄張り争いなのか。
弾き出された一匹が家の中に避難したのかもしれないが、鳴き声はうるさいな。

上さんは探して出して追い出したつもりですが、比較的大きな音色で中かなあ。
夜中の騒音として睡眠がとれるのか心配ですが、秋の風情だと思えば心地よし。

自分の住んでいるマンションは、コオロギなどの鳴き声も良く聞こえてきます。
一番、良く聞こえるのは、ツヅレサセコオロギで生垣から鳴いているのですよ。

他にはアオマツムシで、外の植え込みの庭木にでも棲み着いているのでしょう。
数は少ないですが、エンマコオロギの鳴声も聞けるので、飼う必要もないんだ。

それで、興味が湧いてユーチューブで検索して色々な虫の鳴き声を聞いてみた。
すると、オカメコオロギも鳴いているようだし、カンタンもいるかもしれない。

今まではアオマツムシと勘違いしていましたが、カンタンも交じっていそうだ。
まあ、ベランダのヘンルーダの木にアゲハ蝶が産卵しに来るぐらいですからね。

俳句では秋の季語
   
なので、住んでいる界隈は意外と自然が残っていて楽しい場所と思っています。
一方、エンマコオロギは、近くを流れる柏尾川の土手道を歩けば、聞こえます。

夕方から鳴き出すので涼みがてらに散策をすると、とてもよく鳴いてくれます。
他方、いつの間にか、セミの鳴き声も少なくなって、今はツクツクホウシだけ。

あれだけやかましかったのが嘘のように止んでしまい、暑かった夏が恋しいな。
というわけで、カネタタキは後から見つかり、家の名から退散いただきました。

それで、ベランダに暮らしているもう一匹は、とても元気にチンチンチンと鳴いておりますが、秋の風流さを感じさせてくれるこの虫も、北海道では生息していないというのが分かって、だとしたら自分もこのマンションに引っ越してから、身近に感じて馴染んだ分けでして、正に虫の音を楽しめる埴生の宿なんだろうと思ったのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村