2019年10月14日月曜日

政権与党の中にも、パンダハガーと呼ばれる親中派や、コリアにすり寄るキムチ議員がいますが、おいらは自分の生きざまで絶対に騙されないよ - 歴史捏造・事実歪曲国家(中国・韓国)

中共の教科書

私は、マスメディアのロジックでどんな嘘をつくのか、楽しみになりました。
ただ、視聴覚のホウ素媒体は、瞬間的な流布で精緻な判断が難しい。

ですが、新聞など活字媒体は、嘘の出力が残されるので検証できます。
従って、パヨク一辺倒のおバカ新聞の記事を読み、推理するのが趣味。

ただ、どういう論理展開であっても、韓国ネタでは謝罪賠償の一点張り。
どう考えても無理筋な思考は、風ば吹けば桶屋が儲かる方式で愉快。

必至の真面目くさった主張が、ある意味でギャグに通底して芸術的だ。
特に、朝日・毎日・共同の某国擁護論説は、絶品の虚飾芸術です。

まあ、日本=戦犯国家という贖罪意識へ洗脳された被害の結果だな。
逆に、刷り込み教育は素晴らしい戦術だとしても、事後処理が大変だ。

教え込まれた教条は宗教の如く信じれば、時勢の変遷には動じません。
でも、自分はその洗礼も受けずに生き延びたので真っ当な日本人です。

なぜ、そうだったのか、それは高校時代の思い出が原点なのであります。
四十年前、日中友好の雪解け時期で、学術交流も盛んになりました。

当時、自分は高校生で歴史教師が交流で中共に旅行して来ました。
その時、その女性先生と話合う集いが学校で行われ、参加したんだな。

人民服の話など文物は面白いのに加えて、教科書の紹介は眼から鱗。
その記述は、日本の資本家は利益優先で、大気汚染の公害は無視。

このため、人民は塗炭の苦しみにあえいでいるという、記述なんだなあ。
つまり、社会主義に対立する資本主義社会では、国民が苦しむだけと。

日本併合時代、ハングルを弾圧していない

こんな事実も踏まえず、嘘八百の虚構を国民に教え込む中国の教育。
最終的に、人民蜂起で社会主義革命を引き起こすという荒唐無稽さ。

こんな結論が教科書に書いてあったと、先生が紹介してくれたんだけど。
要するに、自分たちのあって欲しい願望だけを人民に叩き込む方策ね。

まあ、高校生でも、常軌を逸脱する異常さに呆気に取られてしまった。
要は、中共の政治体制を礼賛、擁護する言説に過ぎない、おとぎ話。

これって、単なるプロパガンダじゃん、危険な核実験を繰り返すクセにさ。
だから、簡単に信用できる国ではないと、根底から思うようになったのよ。

これが、おいらの出発点で、他方、大学で共産党に誘われたりもした。
結局、断りましたが、地方議会の共産党議員は、意外に地元志向。

弱者救済の活動に共感しましたが、左翼は一度入ると抜けられない。
下宿に民青の人がいて、事務所へ遊びに行ったりもしたのも懐かしい。

というわけで、教職員労組に組する先生は、淡々と語るだけなのでした。
自分は、最終的に大学を卒業して就職して無難な勤め人になって、サラリーマン人生を送ってきたわけですが、当時、北朝鮮と主題思想(チュチェ思想)にも関心があったのは事実で、その話は次の投稿に譲るとして、昨今の米中戦争とか、韓国文在寅政権の赤化統一構想など、中共・北朝鮮のイデオロギー浸透作戦は、延々と今に至るまで生きているのだと、感慨する自分がいるのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年10月11日金曜日

SSDって、メインの物理メモリーと仮想メモリーの垣根を取っ払った、実用的で高速な記憶装置なんだな - ソリッドステートドライブ(そのほか)

Kingstonブランド, 「王の町」を意味するSSD

つい最近、家のデスクトップPC二台の電源が、同時に死にかけました。
電源の出力は出ているようですが、接続したサブのHDを認識しない。

これを外すと、PCは何もなかったように起動しますが、今度はUSB。
WiFiチップをつなげて無線LANで、ネットに接続しますが認識できない。

ネットで調べましたが、5Vで0.4Aの消費電力と言えば、2W程度です。
大したこともないのに認識できなくなり、今度はグラボを外してみました。

もともと、マザボはグラフィックチップ内蔵なので、差さなくても構いません。
なので、これも外して、念のためメモリーも二枚差しから、4GBの一枚。

ここまで来ると、PCのスペックとしては最小になりますが、起動はします。
実際、ここまで来ると、ほとんど新しいPCも生まれ変わってしまった感じ。

なので、ウインドウズが再起動を繰り返すようになり再インストール必至。
ならばダメ押しで、CPUも消費電力の少ないのに、替えてみました。

今までは、AMDの125Wタイプでしたが、性能の割に電気を食いすぎ。
性能は落ちますが、AthlonX2 255(65W)の省力なCPUに変更。

それで、電力消費も下がったはずと思って、恵安の心配な電源に交代。
以前の投稿で紹介した450Wタイプで、最小スペックならOKでしょうか。

実際、ウインドウズを再インストールする最中、電源は落ちませんでした。
その後、無線LANもつながって、問題もなく使い続けているところです。

それで、死にかけた電源は、PC自作派には有名ブランドの玄人志向。
出力が600Wもあったので、まだ使えると思って、もう一台に換装です。

ゴリマックス、恵安の動物電源とネット評価
十年ひと昔のマザボだけど、現役

こちらのPCも電源は死にかけた恵安の650Wですが、どうも不安定だ。
メモリー一枚差しの最小スペックくでも、マザボの電力消費がかなりある。

このAsRockのA7DA-Sは、12Vコネクタの供給が悪いと起動が無理。
そんなことがネットに書かれてありましたが、8ピンという特殊なタイプね。

通常の4ピンをダブルで差込んでいじくりながら、何とか起動させました。
まあ、二台同時に電源が死にかけるなんて、思いもよりませんでしたな。

結局、最小スペックになった二台を操作した印象は、変化がありません。
最小のメモリーでスワップ書き込みが必要になっても、高速なSSDだし。

SSDドライブは、ハードディスクより体感でアクセスが超速に感じますわ。
しかも、PCを使うとしたらインターネットやワープロぐらいを使う程度です。

だから、この程度のスペックでPCは差し支えないと思うようになりました。
昔は、メモリーをたくさん積むと、スワップせずにPCがサクサク動いたんだ。

まあ、起動ドライブがハードディスクだったからですが、時代は進歩します。
記憶装置のSSDは、半導体素子でできているから、実態はメモリーだ。

多少、物理メモリーよりアクセス速度が遅くなるとはいえ、それでも速い。
しかも、最近はSSDの耐久性が向上したので、壊れることもなくなった。

しかも、SSDは容量が128GBだと、二三千円で買えてしまうお手軽さ。
というわけで、ミニマムなスペックのPCに換えて、エコに貢献するとしよう。

最近、ネットで検索していろいろ読んで確認したのですが、SSD交換の効果で、メモリ2GBでも8GBのPCに迫る性能向上と解説した記事で確認するに至っては、今回の電源交換で体験したのと符合しており、いみじくも裏付けてくれたのだと実感する自分がいるのでした。


いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年10月8日火曜日

積極的放置、積極的無視、計画的無視でK国の発達障害から真の連携を引き出し、真実を探求させねばならない - 文在寅政権(韓国)

火病を患う韓国人

近年、日本でもモンスタークレーマーの終わりなき要求が増えています。
企業としても、そういった負の連鎖を断ち切る技術が必要なのは事実。

それで、最も警戒を要するのは、善良な市民を装ったセミプロ級の奴ら。
犯罪一歩手前の悪辣な手口で、金品をかすめとろうとする輩なんだな。

その手法として、「積極的放置」でクレーマーへ包囲網を敷くことだとか。
企業、小売店の流通関係者もそうですが、警察と行政も密かに連携。

こうして、この包囲網で解決へ導きますが、あの手この手でかわしまくる。
相手も飽きてくるか、対象として興味を失うまで、粘り腰のお付き合い。

これって、正に日本と韓国の国際関係においても似たようなものです。
まあ、助けない、教えない、関わらないの『非韓三原則』が先行します。

要するに、日本へのモンスタークレーマー的甘えを断ち切るのが秘策だ。
それが、積極的放置であるのなら、安倍政権は既に導入済みかもな。

一方、積極的に「無視」という技法もあり、行動問題を強化させない。
まあ、人間、いや国家関係のそれ自体がご褒美や動機につながります。

そのことを十分に理解して向き合う方法論で、積極的に無視しまくる。
理論背景には、発達障害の子供に対する応用行動分析なんだって。

親御さんにも、「かわいそう?」という情動に負けない胆力も求められる。
行動化が激しく、一方出しが過ぎるタイプには、注意して使うべきとか。

   
強い要求があっても、状況や対応を合わせられないのは、文在寅政権。
まあ、安倍政権としては、実質的にいったん関係を遮断する技法です。

自分的には、かの国民全体が同政権を妄信し臣従するとは思えない。
ユーチューブで同国の保守派チャンネルを視ると、政府批判も激しい。

ただ、最近は文政権のスキャンダルが噴出しまくりなのに、強権発動。
かの国は大統領権限が強すぎで、疑惑の玉ねぎを法相に強硬任命。

こうなると、赤化統一必至の現政権を倒すには、よほどの根性が必要。
ならば、同国の命運はその国民に委ねるとして、こっちは計画的無視。

安倍政権は、すでにこの作戦行動中と思いますが揺らいではいけない。
この「計画的無視」も、発達障碍児に対する対応方法なんだけどもね。

あの国っていったい何だろうって思いたくなるほどですが、対処が似すぎ。
まあ、かの国を無視するのではなく、望ましくない行動を無視するお話。

要するに、望ましくない行動が生じ易い環境の要因を変化させることだ。
ただですね、成功体験を重ねて来た国なので、簡単に引き下がらない。

この、駄々をこねるスキルへの信頼は、国家レベルで非常に闇が深い。
問題は、ここで、日本が負けて、再び巻き込まれるのを避けねばならぬ。

というわけで、かの国で有名な火病は子供が駄々をこねるのに等しい。
国家間の病理的対応方法として、ここまで一般社会に膾炙存在していたとは露知らず、その手法を我が国が積極的に導入すれば良いだけの話で、かの国への外交政策は首尾よく進むと思うのであり、マスコミに潜んでいる北朝鮮マンセーのチュチェ(主体思想)一派の日本を貶める世論誘導には絶対負けてはならじと考える自分がいるのでした。


いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村