2019年7月16日火曜日

フッ化水素の対韓国輸出規制を発動しても、アメリカも日本も電子産業筋にはへっちゃらなのである - 日本マイクロン広島工場(そのほか・広島県)

日本マイクロン広島工場

言っておくけど、日本政府はフッ化水素など三品目を禁輸する気はありません。
輸出許可のための審査を厳格化しただけなのに、韓国がほざくことほざくこと。

ちゃんと、用途を明確にして申請すればよいだけなのに、なんで騒ぐんだろう。
自由貿易体制を破壊する報復措置だから世界に訴えるなんて、大袈裟過ぎるよ。

ホワイト国の認定を外されるのが、よっぽど、プライドを気づけられたのかな。
しかし、日本以外の先進国が、ホワイト認定しない事実から見て信用ないんだ。

要するに、大量破壊兵器の拡散が行われる恐れがありそうな真っ黒くろすけね。
だって、同じ民族の独裁抑圧国家、北朝鮮は経済制裁されても、核開発続行中。

それに、禁輸の石油を洋上で受け渡す瀬取り行為を韓国が手助けした疑いとか。
文在寅は、社会主義者であることを隠そうとすらしなくなって、北のシンパね。

民間企業の取引を政治目的のために制限する動きと言われても、安全保障です。
その決断は、政治目的よりはるかに次元の高い核拡散を防ぐための発動措置だ。

こんなワープロ資料、信用できます?

しかも、韓国政府が四年間で摘発した不正輸出が156件という多さなんだな。
報道で暴露された資料もおなざりでさ、輸出されてしまった後の祭りなのかも。

業者は、処罰もなくやり放題、逃げ放題かもしれず、これがホワイト国だって?
しかも、計算してみると十日に一回事件が起きてるって、交通事故みたいだな。

要するに、違法な貿易取引が常態化しているという、闇営業国家こそ韓国です。
一方、メモリーDRAMを70%以上生産するのが、韓国企業二社なんだとか。

そして、日本が素材の供給を止めれば、経済問題で世界がおののくぞと脅かす。
韓国ってヤクザみたいに恫喝してくるけど、イソップのオオカミ少年みたいね。

こっちだって相手の出方も慣れてきて、場当たり的な話のすり替えは飽き飽き。
だって、サムスン・ハイニックスのメモリー出荷量が落ちても気にしませんな。

マイクロンがエルピーダを買収

日本には、世界シェア三位のマイクロン社の半導体工場が、広島県にあるんだ。
増強されたばかりだし、来年には東芝のメモリー工場も本格的に稼働する予定。

加えて、今現在は、寡占の三社で半導体の出荷調整をするほどの”暗黙の談合”。
半導体の出荷に好況感がないのだから、広島工場のメモリーを消費すれば良い。

もし足りなければ、DRAM世界4位、台湾の南亜科技(ナンヤ)もあるしなあ。
安全保障上、信頼のおけなくなった国家は、ホワイト国でもなく仮想敵に近い。

というわけで、在韓米軍が間もなく撤退する意味は、非ホワイト国の証拠だな。
要するに、同盟関係にある日米は、世界の需給状況を見ながら、韓国への素材の供給を調節しても構わないのであり、世界の需要家から文句が出ないように、韓国の半導体メーカーの生産量を制御しつつ、台湾メーカーを含めた同盟チームへ注文が増えるように誘導するのは、自明の理であって、チュチェ思想のルビコン川を渡ってしまった韓国大統領閣下には、せいぜい頑張ってもらいたいと思うのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年7月13日土曜日

うどんこ病に罹っても、宿根草だから刈り取って大丈夫だと思ったのが運の尽き - ホタルブクロ・ナデシコ(そのほか) 

   
ベランダで開花したナデシコが、うどんこ病に罹って葉が真っ白になりました。
今まで、ガーデニングをしてきて、この病気になった植物は、まだありません。

なので、葉がペンキのように塗られて白く変わっていくナデシコが不憫なんだ。
カーネーションも、よくこの病気になりますが、同じくナデシコ科の仲間です。

ただ、ネットでどの程度の被害になるのか探してみたけれど、見当たりません。
だから、これほどのひどい病状になってしまうとは、思いもよりませんでした。

発症したのは五月になってからで、時期的には合っており、カビの一種が病原。
病菌は各々異なる生態種に属するので、他かの種類へ感染はしないと言います。

ただ、大葉の鉢も病変が見られたから、今年は出やすい天候なのかもしれない。
上さんからも、収穫に影響があるから、食べられなくなると文句を言うんだな。

なので、かわいそうとは思いましたが、三つの鉢とも切り取ってしまいました。
加えて、開花が終わって、少し枯れ始めていたホタルブクロも刈り取りました。

このホタルブクロは宿根草で根が生き残るので、また生えると思っていました。
ところが、ごっそりと刈り払ってしまって、光合成できずに根が死んだらしい。

他方、ナデシコは、剪定した太い茎の周りに少しだけ葉が姿を見せていました。
なので、小ぶりの四号鉢から、鉢の総てをまとめて、大きな鉢に植替えました。

何せ、草丈が60センチ以上になり、風で鉢が倒れてしまうこともあったほど。
それに、鉢が小さくて、窮屈な思いをしたと感じており、八号の鉢にお引越し。

これで、根元の葉が生き生きとして、ナデシコは来年も咲いてくれるでしょう。
ところが、ホタルブクロも鉢の植え替えをしたら、根が乾いてスカスカの状態。

これでは、息を吹き返すこともあるまいと思って、急きょ、種まきをしました。
今年の開花は、普通の赤みがかった花ですが、今回は白い花の種子を採取済み。

  
ご近所で咲いていた白花を見つけており、そろそろ花も終わりそうな時季です。
ネットを見ると、果実が熟す直前に茶色や黄色くなった頃に採取とありました。

実は、この果実には穴が開いていて、熟した種子は穴からこぼれる仕組みです。しかも、種子は1ミリほどしかなく、探すのも大変で、採取方法にコツがある。

摘み取るように変色した果実をもぐと、紙封筒に入れて乾燥させておきますな。
後は、軽く封筒を振っておくと、果実から種子がこぼれ出してくれる展開です。

でも、ネットでは種まきが二~三月と言っているのに、種子は早く落ちるんだ。
つまり、自然の繁殖だと梅雨の頃に種が落ちて発芽するというパターンのはず。

  
一方、五~六月の種まきを一例だけが紹介していたので、これに倣いました。
実を言うと、二~三月の種まきでは、その年は開花せずに、成長するだけです。

つまり、開花するまで二年かかるということを、はっきり説明していないんだ。
もし、来年に開花させたかったら、早い時期に咲き終わった花から種子を取る。

それを発芽させて育てればよいのですが、宿根草だから安易な方法もあります。
それは株分けでして、これも二~三月に行うとあり、種まきと同じ頃なのです。

というわけで、二三月の株分けならその年に咲くでしょうけど、種まきは違う。その辺が、ネットで説明している栽培の方法がかなりいい加減だというのも分かってきまして、参考程度にはなるでしょうが、自分がどのように栽培するのかは、自分自身で結論を導き出して栽培してみるしかないのということなのでした。。

おまけ:
果実から種がこぼれ出ないときは、カッターナイフで切り裂いてみてください。
面白いように種がこぼれ出ます。出ないと種子を飛ばし終わっているので残念。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年7月10日水曜日

毎年、グリーンカーテンに使えそうな植物を探しては、種子を採取して撒いては育てるような気の長い作業を、還暦ジジイがやっちゃうお話 - マメアサガオ(自宅・横浜市)

マメアサガオの双葉
 
少し赤茶けた双葉が発芽してきましたが、普段、目にする朝顔とは違いました。
マメアサガオと言って朝顔の仲間には違いありませんが、帰化植物で雑草扱い。

開花しても大きさが二センチあるかないかの白い花で、地味といえば地味です。
元来は北米原産の植物ですが、戦後、食糧難で輸入された穀物に混じりました。

東京近郊の帰化が報告されたのは昭和三十年、それから全国に広がったのです。
といっても、暖かい気候を好む植物なので、関東より西の地域で見られるんだ。

道ばたなどでやや普通に見られるとありますが、近所で見かけたのは一年だけ。
通勤途中に歩いていて、側溝のフェンスに絡みついていたのを発見したのです。

側溝は、歩道と車道の間にあり、格子状のフェンスがかなりの距離で続きます。
基礎が一定間隔に据え付けられて、そこ以外の地表は地面がむき出しなのです。

なので、誰が植えたのかはわかりませんが、朝顔とか彼岸花とか色々咲きます。
歩道から植垣を挟んで内側には栗の果樹園があるのですが、そのオーナーかな。

      
とにかく、朝顔が狂い咲きしていた頃、このマメアサガオもひっそり咲きます。
ただ、花は白くて小さいので、目立つことも無くて、しかも開花が非常に遅い。

普通の朝顔が種子を付け始める秋口になって、やっと咲き出してくる花でした。
でも、逆にラッパ型の白い小さい朝顔だからこそ、逆に興味が湧きました。

加えて、リビングの窓を覆ってくれるグリーカーテン用の植物を探していた頃。
このつる性植物も役に立つかもしれないと思い、種だけは採取しておきました。

それで、昨シーズンは植えることも無く、種子はそのままにしてしまいました。
先ず、これより大きめにピンク色に咲く芋根星朝顔を、試しに育ててみたんだ。

本音を言いますと、こいつは、土中に太い根を作る多年草で勝手に成長します。
ほったらかしにすると、びっしり繁茂し、他の植物の成長を阻害する厄介者だ。

確かに、枯れた後に掘り返したら大きな芋根が現れて、しっかり処理しました。
それでも、今年になって、またも芽を出したので、繁殖力が旺盛で楽しくない。

一方、このマメアサガオは一年草なので、毎年、種まきが必要で具合がいい。
これに近縁のホシアサガオ(星朝顔)も一年草で、薄い紫色の花が咲きます。

この二つを同時に種まきすれば、色の取り合わせが出来て、面白そうだなあ。
ただ、未だホシアサガオの種子を採取していなくて、今年はマルバルコウソウ。

    
これは、濃いオレンジ色の花が咲くので、綺麗な色の綾取りが出来そうです。
というわけで、食べた後に成長した豆苗まで、株分けして植えてみました。

こちらは綺麗な薄紫色の花が咲くそうで、これだと、白、オレンジ、パープルと色とりどりに花が咲いてくれるわけでして、これにピンク色に咲くアサガオの花を加えて、一緒にベランダのグリーンカーテンを彩ってくれるのであろうなと、期待するのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年7月7日日曜日

韓国は、将来、高麗連邦で朝鮮半島を統一させた暁には、盤石な核保有国になりたいという野望があるからなんだよ - 対韓輸出規制発動(そのほか)

前々から示し合わせていたはず

日本政府は、今月四日から韓国への輸出規制を強めたのは、ご存じの通りです。
まあ、貿易上の友好国だった韓国をブラックリストに載せ、軍用品を監視する。

ちょっと待って、今回の規制は、半導体製造に不可欠な生産材料だったはずだ。
韓国経済のGDPで、二割を稼ぐサムスンの死命を制する半導体の重要素材です。

そんな材料なのに、ホワイト国の待遇を外すのは、軍事への転用懸念なんだな。
その辺が、政府の見解でもぼかし気味に説明していますが、すばり核開発なの。

対象の一つ、フッ化水素は、ウランを濃縮する過程で使われる物質になります。
しかも、生物兵器の、VX・サリンガスの生成にも使うとあれば、危険そのもの。

他には、フッ化ポリイミドは戦闘機、レジストはレーダーの生産に使われます。
まあ、これらは日本が世界をほぼ独占的しており、輸出を厳重に管理するんだ。

もっとも、信用出来ないとした韓国は、厳格管理の対象に切り替えただけです。
結局、軍事への転用する懸念があるなら、その理屈は十分に説得力があります。

   
一方、輸出許可の申請は、製造販売する日本企業のすることで手間暇が掛かる。
なのに、韓国が強硬に反発したのを見ると審査に何か後ろ暗いことがあるのか。

具体的には、韓国企業が仕入れた原材料と産出物の相関性があるということね。
ウエハー枚数、フッ化水素の使用量とレジスト量、過去のフッ化水素の販売量。

これらが、適切に使用されたのを数量で合うように工場の操業記録を提出する。
つまり、製造チップの生産量で証明して、許可申請しなくてはならないんだよ。

新たに輸出許可をが必要なら、フッ化水素が目的外に転用のないのを証明する。
その必要がある分けで、 むしろフッ化水素を横流ししていれば証拠になります。

結局、それがバレると輸出は許可されませんが、政府は薄々気づいていました。
だって、防衛相だった小野寺五典さんも、疑惑をテレビで述べたほどだからね。

ウラン濃縮にも使えるフッ化水素は、韓国企業の欲しいままに渡して来ていた。
しかし、工業製品に使ったのは七割ほど、残りの用途を韓国は返答しなかった。

核開発を支援するために、北(北朝鮮)に流したとしか言いようがないよなあ。
だって、輸出量が急激に増加したのが、文在寅の大統領就任後からと言います。

文在寅はシャットアウトだ
物・技術がイランに流れているのか

最近は、社会主義経済を目指すと息巻いていますが、国家ぐるみで北に同調だ。
しかも、北はイランへミサイルや核の技術を提供していると、言われています。

だとすると、北からイランへ流れてもおかしくはないから、危険極まりないな。
加えて、将来、北と南が高麗連邦を成立させたら、韓国も核保有国になるのよ。

最近の韓国は、軍事的に対抗意識を持つようになって、日本を仮想敵国扱いだ。
だとすると、韓国自体が核を持ちたくて北へ物資を送り込んでいたと思います。

というわけで、トランプ大統領と金正恩が板門店で経験したサプライズもある。
核凍結をさせるには、糧道を断つのが最適な分けで、アメリカを後方支援したタイムリーな規制の発表は、韓国が信頼できないと断定したからでもあり、国家ぐるみで不正輸出をしていた事実が誤魔化しようがなくなって、ダンマリを決め込んだ嘘つきどもですから、大騒ぎされようが、完全無視すればよいと思ったのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村