2019年1月23日水曜日

パワースポットの出羽三山神社のお膝元で、滑走するって言うのは、結構な醍醐味であるとは思うね - 羽黒山スキー場(鶴岡市・山形県)


羽黒山は、崇峻天皇の第三皇子である蜂子王子によって開かれました。
現在までに残されている肖像画を見る限りでは、少しおどろおどろしいお姿。

多くの人の悩みを聞いたので、お顔が変貌してしまったとも言われております。
民衆の面倒をよく見たそうで、人々の多くの苦悩を分かち合ったからでしょう。

自分ではなんともしようがない事象に向き合う内に、顔つきが変わったのか。
能除仙(のうじょせん)や能除太子(のうじょたいし)と呼ばれていますな。

そんな王子様の存在を知ったのは、即身仏を紹介するTV番組を見たからです。
もちろん、修験道で高名な庄内の出羽三山は、その前から見知っていました。

月山、湯殿山、そして羽黒山を指しますが、仏教の中で特に密教の聖地です。
しかも、厳しい修験道との関係から、過酷な修行の即身仏が盛んになりました。

しかも、この山形県は、六体もの即身仏の仏様がまつられており有名なのです。
そして、番組では、鶴岡市の南岳寺に安置された鉄竜海上人が紹介されました。

精進潔斎をして五穀十穀を断ち、最後に断食して生きたまま、入定塚に入る。
すなわち、生きたままで仏様になるので文字通り、即身仏となられたのでした。

いやはや、仏の教えに導かれた究極の修行ですが、凡人には到底分からぬこと。
日々の暮らしで右往左往するのが関の山で、ならば尊いお姿を拝むだけです。


ところで、この羽黒山には、国宝の五重塔が存在しておりまして美しいの一言。
鬱蒼とする木立の中に、ひっそりとしながらも存在感を漂わせるのは圧巻だな。

一度、五月連休の頃に、この五重塔を見に行ったことがありますが美しかった。
全国でも九箇所しかない国宝は、西日本に偏っているのに、雪国に存在します。

室町時代の創建で、長い年月を風雪に耐えてきたたたずまいは、圧巻なのだ。
そんな仏教の宗教的背景にあるのが、厳かなる、この羽黒山スキー場な分け。

ペアリフト二基とこじんまりで、ハの字のように設けられたバーンが短いんだ。
今時のスキー場なら縦に二本つないで、1キロは滑走距離を確保するはずだよ。

ところが、市営と休暇村のゲレンデで別々にリフトを掛けたようなレイアウト。
このため、駐車場まで二つに分かれていて市営はリフト山頂駅にあるんですよ。

当日は、分からずに羽黒山有料道路を使ったので料金を払う羽目になりました。
ただ、駐車場はその分無料で、ゲレンデを見下ろすようなパーキングが面白い。

一方、休暇村のバーンは、麓にあって駐車場が宿泊設備に続いている感じです。
知らないとどっちに行けるのか分からなくなるけど、今はカーナビがあります。

平成6年1月2日滑走

昔は、マップルの道路マップを見たり、道路案内で行き先を確かめていました。
そんな頃を懐かしく思いつつ、スキー場のHPを見たら、三月初めでクローズ。

140センチの積雪もあるのに、三月五日で今シーズン終了なのが少し寂しい。
ファミリー向けみたいで滑走距離も短いし、地元スキーヤーしか行かないのか。

というわけで、程よい中級バーンは、繰り返し滑るのに最高なゲレンデでした。
しかしながら、羽黒山の本命は、季節のいい時期に、2446段もある階段を上り詰めて出羽三山神社を参詣するというパワースポット巡りの方こそ、魅力的だったりもしますので、季節を問わずに訪れて見たい場所には違いないのでした。


おまけ:
PDFの内容はこちらから



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2019年1月20日日曜日

30度くらいの斜面入り出しで立ち止まったら、「ボーっと生きてんじゃねーよ! 」とチコちゃんに叱られますよ - 全国のライトな上級コース(しらかば2in1 ・長野県立科町)

生きてるより、滑ってるだな!

リフト降り場から降りて、すぐに滑り出さないスキーヤーボーダーは多いです。
まあ、ボーダーはビンディングを締め直すから、毎回、面倒くさく座ってます。

あれを見ていると、時間当りのリフト乗車回数は、それほど多くはなさそうだ。
自分なんか、休憩するのはリフト乗車中と決めているし、立つ時は滑る時です。

つまり、ボーダーは、スキーに比べて体力を消耗するスポーツではなさそうね。
毎回、そんなことを思いつつ、スキーヤーでも斜面の入り口で立ち止まるんだ。

そして、斜面を検分したり、滑り出すのに時間を掛けるスキーヤーがいますね。
どうして下を眺めたりするのだろうと思いますが、25度程度なら不要でしょ。

自分だと、30度でも圧雪のバーンになっていれば、立ち止まるのは論外です。
平坦なバーンはスケーティングしても、斜面を安全確認したら直ぐにゴーなの。

PDFで内容はこちらから

でも、圧雪でも斜面が急になる上級コースになれば、立ち尽くす人もいるんだ。
邪魔くさくて、こっちは緩斜面から急斜面に直滑降で入るスリルがたまらない。

なに格好付けてやがるんだ、ど阿保とか、心の中で思ったりして滑り出します。
それがリフトから見ていると、以外にちゃんと滑る人も、そうだったりするな。

まあ、つるんで滑る人もいたり、お互いに気を使ったりして、そうなるのかな。
それにしてもスキーって言うのは団体競技じゃないから、一人で楽しむだけよ。

自分は、ひたすらに滑りまくるのが最高の人物だから、全く立ち止まりません。
一方、かなり高速で滑りまくるので、ゲレンデが混雑すればと危険になります。

このため、リフトの運転開始直後から滑り出し、混み出す前にひとます終了だ。
こうして、半日券は二時間で滑り終わってしまい、ゲレンデがつまらなくなる。

カバヤのチコちゃんガムもあったみたい

このため、次のスキー場へと移動するようなパターンが多いのが自分流なの。
カービングスキーだから簡単にターンできて、スキーは教わるものでもない。

ましてや、スキー板も値段の割りに性能が向上しており、安く揃えられます。
レンタルの料金も、さほど値上がりしていない感じで先ずは挑戦してみよう。

そして、少し板に乗れるようになれば、ひたすら滑りまくって上手になろう。
それが我流であろうが、滑って楽しいと思えるようになれば良いんじゃない。

というわけで、スキーは楽しんで何ぼの世界だから、レッスン受けなくてOK。
後は、自分が好きなようにのめり込んで滑りまくって、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言われないように、斜面を疾走する感覚を楽しめばいいだけなんだと思ったのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2019年1月17日木曜日

華為(ファーウェイ)も怪しいが、「日本解放第二期工作要綱」の怪文書があるくらい、対日工作活動には注意すべきなのかな - 全体主義国家の中国(そのほか)

クリックで拡大します

中国外務省から流出したと言われている”2050年の国家戦略地図”がえぐい。
台湾や朝鮮半島、インド、ベトナム、日本まで中国の領土にされてしまうんだ。

十年ほど前にネット上で話題になった絵図ですが、今考えるとそうかもしれん。
だって、南シナ海でサンゴ礁を埋め立て、人工島を作った後に要塞化したから。

当時は誇大妄想だと言われましたが、最近は現実味を帯びてきており危険です。
加えて、この計画を示唆する言葉が中国の軍関係者から飛び出したりしている。

それは、米太平洋軍司令官が、議会で中国軍幹部の提案内容を証言しました。
何でも、中国軍幹部が太平洋の西半分を中国に支配させろと提案をしたのです。

その代わり、ハワイから東側をアメリカで支配しろなんて世界征服の基地外だ。
こんな提案をすること自体、支配の野望がくすぶり続ける狂犬国家でしょうな。

こんな中共と、お友達気分でビジネスをすれば、裏切られるのは自明の理です。
大陸に投資させられ、技術を盗めるだけ盗んだら、お払い箱されるだけなんだ。

14億の人口がある巨大市場といっても、所得の不平等を図るジニ係数が最悪。
ある大学が試算しましたが、貧困で暴動が発生するレベルの数値になりました。

だから、富が金持ちだけに蓄積されるだけで、消費は大衆まで還元されません。
真っ当な消費者市場が形成されると思えないし、そこそこに付き合うべきだよ。

一方、社会不安も暴動も起きないのは、中国が全体主義の抑圧国家だからだ。
民主主義的に政権が選択されることもなく、共産党の一等独裁による絶対王朝。

こんなわがまま、勝手し放題の暴虐国家は、周辺国に従属を求めるだけだろう。
そうでなくとも、俺と付き合えば上手い汁を吸わせてやると、邪悪に誘惑する。

こういうのは、まるで孫子の兵法にある”戦わずして勝つ”だけど騙されるなよ。
国家まで盗られてしまうのなら、安全保障の観点から毅然とした態度を取ろう。

だって、重商主義の英国政治学者、アダムスミスがこんなことを言っています。
”国防は富裕よりもはるかに重要である”と、しっかり国富論で述べていました。

意見広告を読みたきゃ、ここから

そう思うと、中国など絶対に見方になる国家でもなく、ファーウェイもそうだ。
ご存知の通り、この会社は、通信機器の調達で国内から締め出されそうなんだ。

つまり、安全保障上の同盟国アメちゃんからアベちゃんはお触れを受けました。
それで、華為ちゃんは危機感を感じたのか、主要五紙に意見広告を載せたのね。

でもね、お里が知れるってぐらい、日本からの調達額を数字で見せびらかした。
これって、俺のポチになればおいしいビジネスになると、甘い罠で誘う手口だ。

逆説的に、付き合わないと貧乏するよって、ソフトな恫喝かもしれませんなあ。
でも、儲かれば良いってもんじゃないし、日本人は汚い金は遠ざけるものです。

要するに、日本人は道理をわきまえた儲け方が基本なのであって銭ゲバは不要。
中国人は、その辺の節度を知らず、儲けることに奔走して環境破壊も凄まじい。

PM2.5を黄砂に乗せて輸出して来るなと言いたいほどで、世界の厄介者なんだ。
つまり、全体主義の抑圧国家より自由な三権分立の国家が、はるかにマシです。

まあ、アメリカ駐留基地が日本にあるから、中国に対する脅威になのも事実だ。
思いやり予算で基地運営の維持費を負担した結果が、アメリカ軍は傭兵代わり。

そう思うと、アメリカと仲良くしておいた方が無難で、基軸通貨ドルの国だよ。
危ない橋渡って中国と仲良くなる方が、つむじが左曲がりって言われそうだな。

というわけで、シナ人は二千年来、孫子の兵法に拘泥した金の亡者ってことね。
上さんは、台湾企業のHTCのスマホを使っていますが、おらは、どんなに華為のスマホの性能が良くても、仮想敵に情報を傍受されたくないから、台湾企業のASUS、アップル、ソニーエリクソンとか、それ以外のメーカーを選んでおこうと断定する自分がいるのでした。


おまけ:
「日本解放第二期工作要綱」はウイキペディアで紹介されています。火のないところに煙は立たないってことだろうね。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2019年1月14日月曜日

町民ゲレンデに加えて、この西川町自体に対する思い出がたくさんあるんだな - 西川町民スキー場(西川町・山形県)

画像のクリックで拡大できるよ!

この西川町で、最も奥にある大井沢地区は、かつては寒村で無医村でした。
交通も、専ら徒歩に頼るような時代が長く続き、悲惨な日常だったといいます。

そんな地域も、仙境のナイチンゲールといわれた志田周子が輩出されました。
当時、小学校の校長だった父親の希望から、彼女は地元の医師になったのです。

東京で勉学した彼女にも未練はあったのでしょうが、三年の約束で帰郷します。
ところが、以降、自身が鬼界の門を叩くまで、これが一生の天職になりました。

そんな女性の活躍を地元で顕彰する強い希望があり、最近、映画化されました。
タイトルは「いしゃ先生」で全国公開されましたが、主演は平山あやさんです。



ユーチューブに紹介されていますが、少し興味もあって見てみたいと思うんだ。
なぜなら、こんな郷土に根ざした映画で、「武士の家計簿」もあったからです。

この映画、出張中、タイ航空の機内エンターテイメントで鑑賞いたしました。
舞台は、江戸時代の金沢で県民がこぞって見たようで、意外に面白い映画なの。

でも、地元の思い入れが強い映画作りは、やりすぎから駄作に陥りかねません。
福井では「恐竜を掘ろう」って映画をリリースしたんですが、評価も低空飛行。

ヤフー映画のレビューは、五段階で1.8と、どうにもお寒い作品の仕上がり。
同県出身の俳優、大和田伸也が初メガホン作品という触れ込みなんだけどなあ。

松形弘樹、内山理名、鈴木砂羽の配役と豪華だったのに、いかにも残念なんだ。
まあ、これに比べて、この映画作品は、脚本家が小説として発表もしています。

実話に基づいた映画だし、手堅い作りで感動させてくれると、期待も沸きます。
そんな舞台になった大井沢地区のある西川町は、スキー場なら月山が有名だよ。

春夏スキーのメッカだけれど、そんな町にもちびっ子ゲレンデが存在致します。
リフト一本と小規模でも、国道112号線からは二三分の抜群アクセスなんだ。

そんなメリットを活かし、手作りチラシでもアクセスの良さをPRしています。
自分も天童方面へ抜ける途中で、たらのきだいスキー場を経て寄り道しました。

平成6年1月2日滑走

まあ、月山のゲレンデは通いましたが、この国道沿いに日帰り温泉もあったな。
間沢温泉 ザ・サッテロという看板でしたが、既に廃業してしまったのは残念だ。

その正体は民営の温泉ドライブインで、珍しいですがサッテロが気になります。
調べたのですが、付近の地名はアイヌ語で、爽やかな高地といった意味らしい。

まあ、こんな所までアイヌの人が住んでいたのかと思えば、想像も飛躍します。
そんな雰囲気で名づけたのでしょうが、スキーに加えた懐かしい地域の思い出。

というわけで、この西川町には戦時中に詩人 丸山薫も疎開して、小学校の代用教員をしながら詩作に励んでいたようで、いくつかの詩はいまだに人々の記憶に残る作品となって残っていますし、ブログの記事でそれを紹介したほどですから、何かしら自分にとっては強く記憶に残る自治体になっているのだなと、思うのでした。


おまけ:詩人 丸山 薫の投稿は、こちらから。
帆・ランプ・鴎ですぐ分かる人は、かなりの文学マニアだと思うよ - 月山スキー場(山形県)

こちらから、PDFで中身もみてね



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2019年1月11日金曜日

ハートもアトミックも、中級用の板は中国の同じ工場で作られていると、聞いて驚いてしまった - ATOMIC VANTAGE72(アルペン諏訪インター店・長野県)

地味なウエアだけど、赤いスキーで派手目

スキーを担いでリフト券売場へ歩く途中で、やけにスキー靴が軽くなりました。
あれっと左足を見れば、爪先のシェルが欠け落ちてインナーが姿を見せました。

赤っぽい色で一目と分かりましたが、その前にパキッという音がしていました。
あー壊れてしまったと思いましたが、十数年以上も使用したから当たり前です。

ブーツのシェルは樹脂製なので劣化しやすく、よく壊れずにいたと思うんだな。
それで、朝一番で白樺湖のロイヤルヒルズスキー場を滑った時は、快調な滑走。

休憩なしに、ひたすらリフトを15本くらい乗りまくっても大丈夫だったのよ。
このスキー場は、クワッド二本とリフト一本のコンパクトなゲレンデ構成です。

これが長い滑走距離のコースで、途中でブーツが壊れてしまったらどうなるか。
だましだまし、ちんたら下りさえすれば、何とかなったかもしれないけど大変。

中身はこちらから

最悪なら、滑走中にブーツが壊れてスキーが吹っ飛んで、転んでしまったかも。
こうなると、怪我をしていた可能性もある分けで、大事に至らずによかったか。

それで、ブーツの破損に気が付いたのは、次のスキー場へ移動してからなんだ。
そこは、しひらかば2in11スキー場で、二泊三日の旅行が初日から最悪です。

白樺湖周辺は便利で、ロイヤルヒルズから車で移動しても、五分と掛からない。
スキー場のハシゴが簡単だから、今シーズン初っ端の連泊行脚にしたのになあ。

まあ、悔やんでも仕方がないのですが、茅野市内に近いのが超ラッキーでした。
諏訪インターから白樺湖を目指すと、国道沿いに郊外型店舗が並んでおります。

チラ見だったのですが、スポーツ用品店のアルペンがあったような気もします。
車で30分も下りれば行けるから、新しいスキー靴を買って旅行を続けるんだ。

結局、午後一杯はおニューな買い物に取り掛かるとして、先ずアルペンに到着。
壊れた靴を抱えて店内へ入って店員さんを捕まえ、スキー靴の事を相談します。

交差点で一時停止したら見えた

結果、ビンディング調整が必要なのが分かって、板を取りに車まで戻りました。
それで、戻ったら、上さんが靴に合わせて板も換えた方が無難だというのです。

店員さんが強く勧める分けではないが、それとなく匂わせるんだと言うんだな。
加えて、化繊が傷んで着ると白い粉が飛び散るウエアも買い揃えを決めました。

まあ、最近の板は中国製でコストが下がっているので、中級用の板は格安です。
定価で五万円くらいなら、三十度ぐらいの圧雪バーンなら、問題なしだってさ。

店員さんが、アトミックのVANTAGE72という板を出してきたんだけど半値。
正月バーゲンなのか、板、締具、靴とウエア一式で締めて7万円を超えません。

というわけで、スキー装備を簡単に揃えられたスキー王国、長野県ならではだ。
結論から言って、その後のスキー滑走は存分に楽しめた分けですが、4センチだけ長くして板長162センチにしたので、ターンのタイミングを体に覚えこませるのにちょっとてこずったものの、馴れてしまえば思いの外、スピードも出せたりして、これから予定している二月の連泊スーキー旅行も期待できそうと思ったのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2019年1月8日火曜日

ローカルな三等駅なんだけど、特急列車も急行列車も停車するほど、駅弁が一押しの有名観光地なんだ - 池上便當(台東県池上郷)


台湾では、日本語でお弁当のことを、そのままの”べんとう”と言い表しました。
ただ、日本語標記と違って、台湾の繁体字で書きますと”便當”になるのですよ。

その代表格は、臺灣鐵路の東部幹線、池上駅を発祥とする池上弁当でおいしい。
駅前にはお店が三軒あって、ガイドさんがその一軒に連れて行ってくれました。

中でも一番人気のお店に入ると、店の中で食べると野菜の惣菜が食べ放題です。
炒めた野菜を別皿によそって食べましたが、スープもサービスで付いています。

弁当自体のお値段は80台湾元と、日本円に換算するとノリ弁ぐらいの手頃さ。
お店には弁当を詰める木製容器が入れ違いにして、積み上げられておりました。

それだけ繁盛していると思いましたが、お客さんは中華系の外国人ばかりなの。
大陸の支邦人もそうだろうけど、東南アジアの華僑が旅行で来ている感じだな。

それで、駅弁の容器が経木(きょうぎ)で作られているので懐かしい風情です。
今でも崎陽軒のシュウマイ弁当で使われていますが、最近は少なくなりました。

蓋を開ければ、ご飯がこびりついて、箸で米粒を一粒ずつつまんでは食べます。
駅弁を食する作法みたいなもので、この薄板の経木でできた容器の思い出なの。

ゆるキャラまでいたんだ!

まあ、そんな思い出がこみ上げる池上弁当で、現地のお米が格段に美味しいの。
日本と同じ短粒種のジャポニカ米と分かりましたが、適度なモチモチ感がいい。

こちらの米もおいしいと聞いていましたが、日本の食味格付けならA以上かな。
それで、北海道のななつぼしの特Aに匹敵するかは、専門外なので分からない。

つい、道産子ゆえに引き合いに出しますが、昔、道産米はまずくて有名でした。
”ネコまたぎ”と蔑まれていたほどですが、今や北海道はブランド米の産地です。

それに比べて南国の米はたんぱく質が多いので、食味が落ちるかもしれません。
でも、池上のお米は違って、調べたら戦前は天皇陛下に献上していたらしい。

つまり、これが”蓬莱米”になるのですが、日本の農学者が開発したとあります。
上さんもおいしいと言っていたし、自分の舌もまた音痴ではないのでしょう。

それで、弁当の具は、台湾おなじみの排⾻(パイクゥ)等の肉類が中心でした。
というわけで、上越スキー旅行で食べた上里SAのパーコー麺を思い出します。

何でも、昭和30年代にロイヤルホスト系列の中華部門だった「五味八珍」で人気のあったのがパーコー麺で、関越道の上里サービスエリアで復活したところ、超人気商品として脚光を浴びたとネットで書かれてありましたので、ひょんなことからスキーつながりに至ったと思うのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!