2018年7月15日日曜日

標高千五百メーターの峠でノゾリキスゲの花々と戯れたけど、サロベツ湿原のエゾカンゾウに負けていないぜ - 野反湖富士見峠(群馬県中之条町)

     
観光シーズンの時だけ、一日三往復になる野反湖行きのバス路線なんだな。
途中には、秘湯や混浴で有名な花敷温泉・尻焼温泉に寄ってくれますよ。

JR長野原草津口駅から出発しますが、終点までは一時間もバスに揺られます。
グンと坂を上り詰めていく国道だけど、405号という聞いたこともない番号。

標高千五百メーター以上が最高到達点ですが、途中は1.5車線が延々続きます。
くねくねとカーブも多いし、揺られるたびに上さんは乗り物酔いしそうでした。

乗客は十人で、途中の集落でご夫婦が降り、花敷・尻焼温泉で男性が降ります。
残る七人が、野反湖方面まで向かいましたが、帰路も同じ面々になりました。

最近は、自家用車で野反湖まで出向き観光客がほとんどで、バス客は少ない。
だから、帰りのバスに乗るとき、みんな同じ面子だなって笑い合いました。

その中、かなりご年配の男性が、先月も見に来たと言って話してくれました。
バスの中にあったパンフまで取ってきてくれて、見所はどこか教えてくれます。

すると、野反湖の終点よりも、その手前の野反峠が美しいと教えてくれました。
まあ、百聞は一見に如かずだから、実際に訪れた人の意見は尊重すべきでしょ。

こうして、この年配のご老人と共に峠で降りましたが、お花畑はすぐ目の前だ。
ノゾリキスゲが一面に咲いており、黄色に染まった群落のお花畑は壮観でした。

   
それで散策路を歩いて行くと、この黄色い花とは違う色の花も見つけました。
パンフレットを開いてよく見ますと、ちゃんんと花の名前が書いてあります。

オレンジの花は、クルマユリだとわかりましたが、紫の花はアヤメなのかな。
でも、こんな標高の高い場所にアヤメが繁殖するのは、どうも怪しいんだよ。

それで、調べてみたんだけど、本当はノハナショウブという花だと思います。
だって、アヤメは外側の花びらに黄色い模様があるけど、それがないからね。

というわけで、たった三時間の滞在でしたが十二分にお花畑を楽しみました。
お題にも書きましたけど、黄色一面のお花畑と言えば、サロベツ湿原のエゾカンゾウも有名な分けですが、今回、野反湖を訪れてみて、負けもしなければ劣りしもしない、このノゾリキスゲのお花畑には、一生の内に一度はぜひ見に行っていただきたいと思うのでした。

クルマユリ、フウロソウ、ノゾリキスゲ
イブキトラノオの咲くエリアもありました
みんな写真を撮っていましたよ
パンフレット閲覧はこちらから



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年7月12日木曜日

朝顔の種を取って植え続けると、花の色が変わってしまう時もあるらしく、本当なんだろうか - 自宅の朝顔・ニッコウキスゲ(群馬県野反湖)

   
やっと、五月中旬に種まきして育ててきたアサガオの花が、咲いてくれました。
おそらく、どこかの家で咲いていた朝顔から種子を失敬した種類だと思います。

だって、花のふちが白いヘリになっていて、去年育てた単色のものと違うのだ。
それと蔓が伸びずに丈が短いままで、初めてつぼみを付けたから園芸種だろう。

タキイ種苗のホームページでは、矮小種のサンスマイルと紹介されていました。
それで、種苗会社が販売するのは、種ができても発芽しない三倍体じゃないの。

そうしないと、種子ができたら商売あがったりになっちゃうと思うんだけどね。
一方、自分が市民の森で種取りした朝顔は、野生っぽくて蔓がぐんと伸びます。

グリーンカーテンで植えたはずなのに、みんな矮小種だったら役に立ちません。
でも、丸葉朝顔とか芋根の星朝顔とか育てているから、どれかは伸びるだろう。

芋根の星朝顔、花は少し小ぶり

そんな期待を掛けつつ、今週末からの三連休にニッコウキスゲを見に行きます。
それは、群馬県の野反湖ですが、ここのキャンプ場は予約で満杯状態なんだな。

本当は幕営してのんびりしたかったけど、人気の場所なので日帰りに変更です。
まあ、ヤフーの路線情報でできるのか調べてみたけど、できなくもなさそうだ。

先ず、横浜からJR吾妻線の長野原草津口駅を目指し、朝六時過ぎに出発します。
到着は十時過ぎになって、それからバスに乗り換え、お昼前に湖へやっと到着。

帰りのバスが三時過ぎに出発するので、三時間ぐらい散策すれば十分でしょう。
一方、この花の見頃はやや過ぎたようですが、それでも楽しみにしております。

三年前、秋田駒ケ岳のニッコウキスゲ群落

それで日帰りを考えたけど、乗り物に十時間以上も揺られるのがきついのだ。
自宅に戻っても夜十時過ぎになってしまうし、挫折してホテルを取りました。

運よく伊勢崎に宿が空いていて取れたので、翌日はゆっくり帰るとしますか。
近隣の舘林では、夏の城沼花ハスまつりも開かれているので、寄ってみたい。

遊覧船で鑑賞ができると、NHKローカルニュースでも紹介されていました。
以前、大船フラワーセンターは混雑で見られなかったので、今回はリベンジ。

というわけで、三連休は花めぐりを急遽仕立てて、出かけることにしました。
一泊二日だから出発前に、アサガオにはたっぷりと水を与えてから出かけておけば、しおれることもなく大丈夫だと思いますので、今から美しい花々を楽しみにしている自分がいるのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年7月9日月曜日

ACアダプタは、使わなくても微弱ながら電流が流れているらしいけど、ほとんどゼロみたいなものだって - 携帯機器の充電アダプター(その他)

    
百均一のダイソーに行くと、ついつい余計なものまで買ってしまいます。
それで、一緒だった上さんから、試しに一個だけとダメ出しされてしまった。

それが、この一個口の節電タップだったのですが、理由は待機電力カット。
既にPCや液晶テレビに取り付けて実践中ですが、今回はUSB充電器なのだ。

スマホやタブレットPCの付属品でして、結構、家じゅうに転がっております。
専用アダプターを使うのが普通だと思う一方、部屋のコンセントが少ない。

だから三口タップを付けて数を増やして、一度で複数充電に対応しました。
ただ、抜いたりするのが億劫になってきて、差したままで電源を切りたいな。

そこで先ず考えたのは、延長コードにスイッチ付きの一口型を差して使います。
ヨドバシだと、2mコード付きの市販品は数百円もするし、コードが長すぎだ。

他方、個別にスイッチのついたマルチタップもありますが、結構、高いのよ。
三口タップも既にあるから、この節電タップを有効に活用と思い立ちました。

つまり、百均の延長コード(50cm)と組み合わせて、三口に差込みます。
こうすると、三口分で六百円の出費で済むので、お安く済むかもしれない。

なので、試しに一個だけ買いましたが、延長ケーブルだけは二本の購入。
もう一本は、エジソンプラザで買った一個五十円のスイッチを後付けします。

これは、線を切って片側にスイッチを半田付けして、ネオン球も付けようか。
電子工作で買い置きしてい部品が余っており、有効活用の予定なんだ。

これがOKなら、残りの一口も有り合わせのケーブル・スイッチで製作しよう。
一方、この節電タップのスイッチでは、サイズで干渉するアダプターがある。

特に2Aと容量の大きなタイプで、これは自作の延長コードに差し込みます。
こうして、三個分のSW付き節電タップを完成させて、待機電力を減らそう。


家に転がっている部品で作ってみた

ただ、ネットで調べたら、この手のアダプターは、電力消費が殆どないみたい。
記事に消費量の目安でバラつきがありましたけど、差したままでも良いのか。

ただ、差しっ放しにして何か異常が起き、突然発火でもしたらどうしようか。
そういうのは嫌な気もしますので、スイッチは小まめに切るのが王道でしょう。

というわけで、待機電力の大きな家電は、もっと他にあるということでした。
調べていただくとわかりますが、テレビやデスクトップパソコンなどは、電力を食うみたいで、これにはすでに自作の節電スイッチをコードに取り付けたりしていますので、意外に節電に考慮して暮らしているのも分かりまして、万事無駄を省きながら、もったいないという気構えのエコ生活を工夫するのも、頭の体操だなと思った次第なのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年7月6日金曜日

二十年前、最初からペットOKで分譲されたんだけど、この手のマンションの走りだったと思うんだよね  - 住んでいるマンション(そのほか)

窓際の猫ちゃんにご挨拶

自分が住まいするマンションは、犬を飼ってももよい規則になっております。
ただ体長が50センチ程度と、愛玩犬が許されている範囲なのですわ。

ですから、トイプードルを飼う住人も多いのですが、違うワンコもいるんだな。
特に、テリアの仲間の犬を買う人がいまして、住み着いてからずっとでした。

一階上に住んでいる方らしく、エレベータで一緒になった記憶があります。
その時、何気なく近づいてしまい、急に吼えられたのも密室の空間だから。

物の本では、見知らぬ人が、距離にして一メーター以内に近づくとします。
その際、ワンコが危険だと察知する、許せる限界内に入ってしまったらしい。

だから、吼えられたと思いますが、マンションの中は抱っこする決まりです。
勝手に歩かせて、エレベータでおしっこでもされたら、こりゃたまりませんわ。

だって、ワンちゃんは、自分の縄張りを主張するのに、臭い付けをします。
このために、おしっこをするんですが、これが臭くて耐えられないといいます。

だから、おしっこをさせないために、マンションの外へ出るまでだっこなのよ。
トイプードルなんか、女性のカーディガンの懐から顔をのぞかせていました。

可愛いのなんのって、まるでぬいぐるみみたいだったけど、成長しましたな。
最近は抱っこでお出かけを見るようになったけど、例のテリアはもう見ない。

散歩でもヨボヨボ歩いていましたので、冥土にでも旅立ったのだでしょうか。
そんなワンコの住人の生き様を見てきましたが、一方でネコちゃんもいるよ。

飼い主の一階住人から聞きましたけど、室内だけで買っているそうです。
毎朝、興味深そうに窓から外を眺めていて、出勤時におはようと声かけ。

すると、応答のつもりか、ふんふんと少し首を振りながら、こちらを見ます。
それが可愛いのですが、室内飼いだから、けづやも綺麗で美しい猫さんだ。

   
そして、通勤で歩く途中には、ブラッキーと言う黒猫さんにも出会います。
三兄弟の一匹でしだが、他のクロちゃんが交通事故で亡くなってしまった。

もう、十八歳と歳を召したので、飼い主が心配して外出させないみたい。
でも、時々は出合って声を掛けると、ミャーと鳴いてくれるので楽しいのよ。

というわけで、最近はイヌよりネコを飼う人が多くなった統計も出ています。
これも、猫自体が室内飼いを苦にせずに、その与えられた空間を自分の縄張りだと思って生活してくれるから、散歩のため外出させる必要も無いのでお気楽だし、不精な人間にも、体力の弱まったお年寄りにも、この猫ちゃんを飼う方が向いているのかもしれないと、思ったのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!

2018年7月3日火曜日

ちゃんと、朝三時に起床してWカップの日本-ベルギー戦を見たけど、負けて悔しくて不貞寝してしまった - Wカップ日本代表チーム(その他)

   
惜しくも、Wカップサッカーのベスト8を掛けた試合は日本が負けました。
FIFAランキング3位のベルギーと堂々に競い合った点は評価できます。

ただ、予選のイングランド戦でスタメンを大幅に変えて勝利した自力だよ。
控えの選手も先発組みと同じ実力があるって言うことは、侮れなかった。

途中で出てきたアフロヘアの選手は、自分なら子門真人ですが憎たらしい。
結構、攻撃パターンでいやらしく出るようになって点を、取られてしまった。

2点先取で、ベルギー勢が浮き足立つかと思ったら、態勢を立て直した。
その選手層の厚みというか、自力に勝っていたのかも知れず、残念です。

後半に本田を投入したのも一発狙ってのことだろうし、フリーキックも残念。
キーパーの好守で点にこそならなかったけど、日本は最後まで攻めました。

まあ、ワールドカップ出場は常連組みになっても、予選生き残りは壁だよ。
それでも、決勝トーナメントに残るチャンスを期待できるようになりました。

でも、その先が難しそうでベスト8進出と言うのは、これからの研究課題。
まあ、データ分析に注力した西野監督へ、采配継続を期待しましょうか。

Wカップ出場までの経緯では、日本代表は自力を付けて来たんだと思う。
その予選でオーストラリアにも勝利し、代表マッチ戦のパラグアイでも勝利。

両国の代表はなかなか勝てなかったので、勝って来たことは自信になった。
これに加えてコロンビアにも勝利したし、セネガルには追いついて引き分け。

四年後のカタールに向けた準備としては、代表チームのブラッシュアップだ。
年齢の高い主力選手には、世代交代が滑らかに進んでもらいたい思います。

サッカー選手の身体能力から見ると、三十代前半までが限度でしょうな。
これが、デスクワークなら、今やリタイア年齢が65歳まで上がりました。

OA化も進み、キーボード打ちながら処理するだけなら、年齢も上がります。
ただ、スポーツ全般は、身体を酷使する競技なんだから、そりゃ無理だな。

スポーツ医学が疲労、故障を予防しますが、競技年齢に限度はあります。
というわけで、今から四年後を見据えた代表チーム作りに励んで欲しい。

長友、本田、長谷部、岡崎、川島など、これから退いて行くと思える選手たちには、有終の美を飾る戦いになったことは間違いなく、今はしばし休養してもらうとして、それから普段通りに、それぞれのサッカー人生にまい進できるように、日常へ復帰してもらいたいと思うのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!

2018年6月30日土曜日

勝負に勝って試合に負けたのなら、日本サッカー界にとっても大躍進・大貢献なんだよ - Wカップ予選:日本-ポーランド戦(そのほか)

  
日本サッカー界はオリンピックで、唯一、銅メダルに輝いたことがありました。
それは、奇しくも半世紀前のキシコオリンピックで、それには裏話もあります。

予選リーグは二勝一分で決勝に進んだのですが、敢えて一分けにしたんだとか。
全勝では決勝トーナメントで強豪国にぶつかるので、メダルまで手が届かない。

このため、引き分けで予選通過し、決勝ラウンドのトーナメントを戦い抜く。
当然、対戦相手が組みやすい相手になるように考えてのことだったといいます。

これは、当時、出場したストライカーの釜本選手が、テレビで語っていました。
つまり、一戦一戦の勝利も大事ですが、トーナメントに生き残る戦略なんだ。

まあ、明確な目標設定の戦略を練って、ベストの戦術を選んだのに過ぎません。
僕の記憶違いでなければ、このような作戦が興味を引いたので覚えています。

一方、今回のワールドカップでは、西野監督も作戦のコンセプトは同様だな。
ポーランド戦は、主力選手を6人も交代で臨んでおり、総力戦の構えでした。

つまり、控え選手に試合経験を積んで、どの選手も出場できるようにしておく。
他の選手も休養できますが、タフな長友でもフル出場は疲労面でどうなのかな。

そして、少し気がかりなのは、岡崎が途中で選手交代したんだけど、大丈夫か。
まあ、ベルギーとの試合まで、休養を取ってベストで臨んでもらいましょうね。

だから、決勝トーナメントまで視野に、最少失点差の敗戦は想定したのかも。
もし、コロンビアがセネガルに勝てば、勝ち点はそのまま同じで別の判定だ。

そして、監督は両試合が、1点の僅差でゲームセットと考えた節もあります。
ならば、日本もセネガルも得失点差では同じになり、残りは反則数の差です。

日本が4なら、セネガルは7ですので、ラフプレイが多かったことになります。
当然、フェアプレーの方に軍配が上げりますから、日本が有利なのは当然です。

こうして、グループ2位で決勝進出でも、対戦相手のGグループが手ごわいな。
相手はベルギーになりましたが、FIFAのランキングが3位なので優勝候補です。

西野監督だって、今までは予選で力を使い果たして消耗していたと言いました。
ポーランド戦後のインタビュー発言ですが、今回は打って変わって周到な準備。

パラグアイPK戦負けは、悔しかった!

そうであれば、8年前のベスト16戦でパラグアイにPK負けしたのとは違うかも。
ひょっとしたら、勝利する可能性も出てきているのではないかと感じています。

というわけで、監督交代で、データ分析スタッフが増やされたのは正解でした。
もし、分析結果で勝利する確率が高くなるのであれば、選手交代もいとわない。

野球でも、投手は完投しなくなり、先発・中継ぎ・抑えと分業する時代なのだ。
これで勝利する確率が高くなるのなら、サッカーも先発メンバーを入れ替える。

こうして、試合の経過状況をにらみながら、三人の交代枠を縦横に活用する意気込みで、データ分析の知将、西野監督の采配に、次戦も期待を掛けたいところなのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年6月27日水曜日

朝四時から野鳥のさえずりで目が覚めてしまっても、自然との共生に感謝するシティーライフだよ - シジュウカラ・ハクセキレイ・オナガ(そのほか)

   
このプロモーションビデオは、きれいな野鳥のさえずりで始まるのが清々しい。
八ヶ岳の高原地帯にでも行けば、早朝に聞こえてきそうな感じも致しますな。

ところが、自分の住まいでも聞けるのが分かって、毎朝が楽しみになりました。
まあ、飯島市民の森が近くなので、野鳥たちのねぐらになっているのでしょう。

四季折々に、色々な野鳥がさえずってくれますが、どんな鳥かは分からないな。
それでも、注意深く聞くうちに、かなりの種類かもしれないと思い始めました。

だから、調べてみようと思って、ユーチューブの動画で鳴き声を聞き漁ります。
その内、サントリーが日本の鳥百科というサイトを運営中なのも、知りました。

動画でも良いのですが、さえずりだけをピックアップして聴けるのが便利です。
しかも、大きさ、特徴的な色、季節、環境の条件を指定して、検索もできます。

これが面白いので、色々と聞き比べましたが、例の野鳥はシジュウカラでした。
サイトでは、ツツピン ツツピンと鳴くと紹介していますが、そう思えませんわ。

ただ、鳥の中でいち早く春を告げることから、リズミカルなさえずりが特徴的。
市街地でもおなじみの鳥と紹介していましたが、自分には高原のさえずりです。

もっとも、遊佐未森さんが歌う楽曲に、強く印象付けられたのかもしれません。
一方、このシジュウカラ以外で、惹き付けられたのはハクセキレイという野鳥。

   
人間をあまり恐れないのか、マンションの廊下の手すりでさえずっていました。
この時、廊下側の窓を開け放っており、大きく美しいさえずりが聞こえました。

そして、勤務先の芝生でも、せわしなく動き回っているのが見かけられるのね。
本来は、海岸、河川、池沼など水辺に棲息する鳥ですが、都会にもいるんだ。

もっとも、この近辺は、カワセミの飛ぶイタチ川も流れて自然が残っています。
だから、シジュウカラもいればカワセミもいますが、とどめはオナガなのだ。

この鳥、グェーイグェイグェイグェイとやかましく鳴きますが、姿は美しい。
名前の通り、青色の尾羽が特徴で、尾羽を引きずるようにフワフワと飛びます。

   
通勤の途上、道すがらに空高く飛んでいるオナガを見かけたので、間違いない。
以前、近所にある鎮守の森で鳴き声だけは聞いていたので、知ってはいました。

朝早くに特徴的な声は聞けましたので、遠くからでも姿が確認できてうれしい。
というわけで、止めはウグイスのさえずりまで、早起き鳥になっておりました。

特に、人里で上手に「ホーホケキョ」と鳴く練習をしていたウグイスの声は、春早くからさえずってくれますが、春の深まりとともに山へ帰ってオスが繁殖期に警戒で出す「谷渡り」のさえずりまでが聞けるのでありまして、これが横浜市内なのかと思うほど、野鳥たちに囲まれたシティーライフは、この上もなく幸せと思うのでした。



いいねと思ったら、二つポチっとね!



2018年6月24日日曜日

生き物には魂があると感じている日本人の死生観は、現代人にまで受け継がれているんじゃないかな - 江戸の戯画特別展(大阪市立美術館)

大阪市立美術館にて鑑賞

五月の連休で、大阪へ旅行した時に、美術鑑賞と洒落込みました。
江戸の戯画というタイトルですが、金魚を擬人化した浮世絵が楽しい。

これは幕末の浮世絵師だった歌川国芳が、連作で出した「金魚づくし」。
十連作だったそうですが、今回九番目が発見されて展示となりました。

残念ながら、十番目の作品が依然として発見されていないのが、惜しい。
ただ、幻の十図目は、小枝を上段に構えた金魚のお稽古だったみたいです。

江戸で刷られたものが、上方に流れて模倣された図版が出回っているとか。
そんな解説がパンフレットに書いてありましたが、九作目だけでも可愛い。

江戸っ子は、金魚を飼うのが流行ったのですが、色々な金魚がおりました。
らんちゅう、オランダ獅子頭、など高級な金魚は、既に江戸期の出現です。

調べて面白いのは、出目金は明治期らしいけど、江戸時代という人もいます。
そんな江戸っ子は、金魚もそうですが、犬も猫も愛玩動物で飼っていました。

PDFはこちらから

特に、浮世絵では美人画の構図に猫が登場しており、可愛がられていますよ。
そんな小動物の戯画は、日本人にはお馴染みだったのが、嚆矢は平安時代ね。

カエルとウサギが相撲を取っているという、お馴染みの絵柄は鳥獣人物戯画。
人々は、小動物も人間と同じように楽しみがあると、思っていたのでしょう。

でなくば、これほど人間と同じように喜怒哀楽を通わせた構図はありますまい。
虫の音にも季節感や風流を感じる心持は、私たちにはお馴染みでも世界は違う。

なぜなら、西洋人は、昆虫の鳴き声は雑音にしか聞こえないらしく粗雑だな。
セミの声というと、日本人は人間のように声を発していると思うのが普通です。

日本には、四季があって山野も緑が豊かなので、生き物も豊富だから当然か。
季節が廻れば、色々な花々も咲き誇るので、生活に潤いを与えてはくれます。

ただ、地震、雷、火事、親父じゃないけど、台風など自然災害が多いのも事実。
大阪北部でも大きな地震が起きましたが、速やかな復興を祈るばかりなんだ。

関西方面は、比較的地震の少ない地域だと思っていましたが、そうじゃない。
活断層はどこにでもあると分かって、児童の命を奪ったブロック塀は恨めしい。

だからこそ、防災意識を高めて犠牲者を出さない街づくりは、大事なんだな。
というわけで、ペットも家族の一員ですから、災害の犠牲にはさせたくない。

東北大震災では、住民が一斉に避難した後に遺棄されて取り残された、犬や猫が街中をうろついている可哀想な姿が報道されたほどですが、江戸時代の人々だって、災害が起きたらペットのワンちゃん、猫ちゃんを伴って非難するのは、当たり前と考えていた節はあるでしょうし、すべての生き物には魂があると感じている日本人ならではの死生観だと、思うのでした。




いいねと思ったら、二つポチっとね!