2019年2月22日金曜日

ハチ高原とか、神鍋高原のゲレンデは、雪質の条件さえ良ければ、長野の白馬に負けず劣らずと断言いたします - 但馬地方のゲレンデ(兵庫県養父市周辺)

雪景色の姫路城

実を言えば、この二月の連休明けの週で、平日全てをスキーにしていました。
混雑しておらず、ゆっくりのんびり滑っていたいというのが本音なんだよな。

だから、会社がこさえた三連続有給休暇の強制取得制度を、がっつり悪用です。
建国記念日の翌日から三日間、それにプラスで金曜日も有給休暇にしちゃった。

これで九連休になったけど、平日がターゲットだったので、祝日から出発です。
それで、どこへ出かけたかと言うと、ブログ村で余り話題にならない西日本よ。

しかしながら、西日本にも冬季に積雪の多い地域は、あまたに存在しています。
日々の生活に難儀を与えるのが雪ですが、意外に豪雪地帯に指定されているの。

今回は、兵庫県の但馬地方がターゲットになりましたが、もちろんハチ高原だ。
氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されているし、オールシーズンの観光地です。

まあ、冬場に滑りに訪れるだけだともったいない気もしますが、なぜか西日本。
これだけ長い休暇なら、北海道とか行けば良かったのにという御仁もいるはず。

でもねえ、西日本の面白さは、冬場でも季節感のギャップが激しいことなんだ。
だって、瀬戸内海の地方は、晴れの日も多くて陽だまりのある暖かいイメージ。

クリックで拡大するよ

東京から新幹線で出かけて駅に降りれば、温暖な気候だと思わずにいられない。
ところが、瀬戸内から日本海方面を目指して車を走らせれば様相も変わります。

段々、山間に入れば、うっすらと雪化粧をして来る山々が目に付いてくるんだ。
ハチ高原は但馬地方になりますが、古来、兵庫県の南部は播磨・摂津の国です。

明治以降、県としてまとめられたんだけど、但馬牛で有名な地域は、豪雪地帯。
道産子だから意外と雪国なんだと親近感を持ってしまいましたが、そんな印象。

まあ、兵庫の姫路から車で播但高速道に入って、ちんたら北上して行きました。
もちろん、姫路城も見学したけど、十年に一度あるかないかの雪景色の風景。

なかなかの風情に余韻を残しつつ、播但道を走ると竹田城の直下を抜けますな。
この竹田城は、雲海に浮かぶ天空の城として有名になったのは、ご存知のはず。

でも、霧が出ていなくば、麓から単純に見上げるお城だから、単なる山城です。
だから、何の変哲も無い廃城にしか見えず、PRが良かったんだと思った次第。

それで、今回のベースキャンプは、養父市のハ鹿町にあるホテルを選びました。
運よく四連泊で予約できたりで、買い物も便利でスキー場へのアクセスが抜群。

奥神鍋スキー場
出石そばも食べたぜ

片道を小一時間で着けるので、毎日、ゲレンデを取っ替え引っ替えしてました。
こうして、周辺七つのゲレンデを滑りまくったけど、ちゃんと観光もしたんだ。

出石で有名な蕎麦を食べに行ったり、豊岡の玄武洞を見たり 圧巻は応挙寺だ。
この寺は、日本海に面した香住町にある大乗寺ですが、襖絵が重要文化財なの。

寺の部屋をめぐって円山応挙と弟子一同が描きましたが、一番はワンコの絵ね。
このワンコの目が無邪気で可愛いくて、無垢な目はお地蔵さまに通じるとか。

江戸時代、ワンコがたった一匹、人々の報謝を受けて伊勢参りをした時代です。
お寺さんの説明を聞きながら、そんな逸話も、改めて思い出してしまいました。

というわけで、東日本の人間も、この辺りのゲレンデは出かける価値ありです。
大体、日本の半分は「豪雪地帯」に指定されている分けでして、もっと言うなら「豪雪ではない地帯」の方がちょっと少ないくらいですから、日本は雪の国なのだといっても過言ではありませんが、日本の歴史・文化を育んできたのが雪のほtんど降らない畿内、それ以西の地域であったことから、西日本の豪雪地帯は自分にとっても一つの盲点であったと思うのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年2月19日火曜日

ここは昔、冬季オリンピックの競技会場に立候補していたと、リフト券売り場のお姉さんに言ったら驚いていたよ - 霧ヶ峰スキー場(諏訪市・長野県)

レッスンバーンとしては最高

世の中、人生百年時代なんて呼ばれるようになり、日本は長寿国だと思います。
現在の平均寿命では、女性が87歳で男性が81歳と、いずれも過去最高。

世界では女性2位、男性3位なのだそうで、右を見ても左を見てもジジババ。
高齢化社会と呼ばれつつ、今や65歳は若い方で第二の青春を満喫するもの。

勤務先も継続雇用制度のおかげから、65歳までは働けそうでありがたいな。
まあ、再雇用で給料はガクンと落ちますが、コンビニよりはマシでしょうか。

それに、歩いて会社へ通勤できるメリットがあり、小中学校の通学気分なんだ。
毎日、通勤は徒歩だし、集団登校の小学生一行に遭遇したり、似たりよったり。

歩くことは体にいいし、毎日数千歩以上になって足腰が鍛錬できてうれしい。
このおかげで、スキー旅行したって筋肉痛になることも殆どなくなりました。

一方、老いの不安から”年を取るのは嫌だな”と思う人も、いるとは思います。
はっきり言いますが、六十の還暦なんて、単なる人生の通過点かも知れんな。

そう思うと、死ぬまでスポーツは続けると思いますが、特にスキーはそうだ。
リフトで山頂まで連れて行ってもらう分、斜面を滑り降りるだけで極楽気分。

体力に合わせて緩斜面のバーンを、ちんたら滑れば疲れることもありません。
ただ、冬のスポーツと言うのが難点ですが、それ以外の季節はハイキングだ。

他方、勤められる間は、会社まで歩きが基本だから、これが代わりになるか。
こうして、体力から見て、スキーは老いに問題ないスポーツと思っています。

だけど、老後の備えを考えれば、レジャーにお金を使いすぎても良くないか。
少しでも節約すれば、それに越したことはなくてリフト券の割引を探します。

PDFで中身はこちらから

リフト券売り場でも、シニア割引って言うのがあって、免許証を見せるんだ。
年齢に見合えば、一日券・半日券を割り引いてくれますが、基準がバラバラ。

年齢では、50~60才の間で大体3パターンで、割引額もかなり違います。
今回、白樺湖方面へスキー旅行したけど、霧が峰スキー場が驚愕の設定なの。

1日券でも大人で2,570円とかなり割安ですが、シニアは何と1,540円でした。
これが4時間券では1,020円になり、こちらも子供料金扱いにしてくれます。

年齢制限としては55歳以上なんだけど、こちらは平均的なパターンでしょう。
車山高原もしらかば2in1も同じ年齢でしたが、白樺湖ロイヤルヒルズが違う。

60才以上と高めで年齢未満のおじじとしては、泣く泣く普通券で滑りました。
というわけで、意外にスキーをエンジョイするシニアが復活しているんだとか。

車山高原のクワッドリフトで相席した年配の男性によれば、最近は、この白樺湖方面のスキー場へ再デビューを図ったシニアが増えてきているのだそうで、お金にも時間にも余裕の出来た年齢層がやって来ているのかと思いますが、昔、混雑しすぎでリフト待ち一時間が当たり前だった時代に比べて、待たずに乗車できるなんて夢みたいで、これならスキーをやり直してみても、その価値はあるんじゃないかと思ったのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年2月16日土曜日

晴れた日には、湖が見えるゲレンデって、意外にあるものなのね - 秋田県田沢湖スキー場(その一、たざわ湖スキー場、秋田県)

たざわ湖スキー場のHPから

晴れた日には、遠くに田沢湖を望むことのできる借景がウリのゲレンデです。
田沢湖は、水深が非常に深いので、湖面は冬になっても氷結しないといいます。

このため、満面とたたえたブルーの湖水が景色としても美しいのだ。
ただ、日本海側の東北は秋田県ですから、あいにく雪の日数が多い。

年間で120日と多く、北海道、青森に続いて、全国で三位でした。
これは、スキー場の営業期間中、ほぼ毎日が降雪だということでしょうな。

これだけ多いと、スキーシーズン中に晴天になれば、かなり珍しいと思います。
なので、もし晴れ間に恵まれて、湖への眺望に恵まれたのなら幸運なんだ。

自分の滑った時、確かに晴れたと思うし、湖がきれいに見えた記憶もあります。
それが、良く覚えていなかったのですが、ホームページを見て思い出しました。

あの頃は、周りの景色には目もくれずに、滑るだけが楽しみだったのかもなあ。
もう少し、田沢湖の情報を仕入れておけばと、今になって悔やんでおります。

平成5年1月1日滑走

まあ、そんなたざわ湖スキー場ですが、秋田県が経営するゲレンデなのです。
ちゃんと、そのゲレンデ運営のためにスキー条例が、施行されておりました。

沿革は平成18年の施行ですが、条文は全体で14条からなっています。
それで、第一条の設置目的が、とてもお堅いので紹介しておきましょう。

スポーツ及び観光レクリエーション活動の振興を図り、もって県民の健康の増進及び観光の振興に資するため、秋田県田沢湖スキー場(以下「スキー場」という。)を仙北市田沢湖生保内字下高野七十三番地の二に設置する。

それで、県が運営するゲレンデは、群馬の宝台樹スキー場ぐらいしか知らない。
それより下部の自治体では、市町村の運営が、かなり見受けられるんだけどね。

このスキー条例ですが、以前、昭和村営スキー場の記事で触れておきました。
簡単ですが説明してありますので、もしよろしかったら記事をご訪問ください。

さて、県営ですから、町村レベルのリフト一本と違って、規模はかなり大きい。
昭和46年にオープンしましたが、第26回冬季国体大会に会わせたものです。

大回転競技の開催地ですが、当時の記録フィルムがユーチューブで見られます。
アーカイブされた県政ニュースらしいのですが、競技の実況風景もあります。

PDFで中身も見てね

つまり、冬季国体のために準備・開設されたスキー場ゆえ、県営だったのです。
しかも、秋田駒ケ岳の山麓にあるゲレンデなので、冬場のスポーツ観光でしょ。

田沢湖に加えて近隣の温泉も有名で、大いに期待されたゲレンデだったんだな。
ところで、この田沢湖以外に湖水を望めるスキー場は、全国に意外とあります。
  
 ① 網走湖(冬季氷結)→ 網走レークビュースキー場(北海道)
 ② 阿寒湖(冬季氷結)→ 国設阿寒湖畔スキー場(北海道)
 ③ 屈斜路湖(不凍湖)→ 津別スキー場(残念、廃止)
 ④ 洞爺湖(不凍湖)→ ルスツリゾートスキー場(Mt.イゾラ山頂)
 ⑤ 猪苗代湖(不凍湖)→ 猪苗代スキー場・猪苗代リゾートスキー場
                            アルツ磐梯スキー場
 ⑥ 湯ノ湖(冬季氷結)→ 日光湯元スキー場
 ⑦ 青木湖(冬季、氷結)→ さのさかスキー場
 ⑧ 中綱湖(冬季、氷結)→ 鹿島槍スキー場
 ⑨ 野尻湖(冬季、ほぼ氷結)→ 妙高杉ノ原スキー場
 ⑩ びわ湖(不凍湖)→ びわ湖バレイスキー場・箱館山スキー場
   
この場合、天然の湖沼に絞リ込んで探し出し、ダム人造湖は割愛しました。
ただ、奥只見丸山スキー場の奥只見湖(不凍湖)も、景観はすばらしい。

なので番外として挙げますが、冬でも凍らない湖だと湖面が美しいのです。
湖の大きさではびわ湖が一番ですが、見晴らしだと海みたいな感じもします。

このため、内陸の淡水湖で広さと美しさを感じるのは、猪苗代湖でしょうか。
田沢湖も冒頭の写真のように美しいのですが、小ぶりなのが惜しいところ。

それでも、晴れた日に拝める湖の借景は、値千金なのは間違いありません。
というわけで、日本では湖に向かって滑るゲレンデが、多いのでありました。

いかんせん、ゲレンデには積雪がどうしても不可欠で、それゆえ、雪の降る日はとても大事には違いないのですが、たまに晴れ間がのぞくと、滑りに来ていることを忘れてしまうくらい景色に見入ってしまうスキー場もあるわけでして、この田沢湖にしても、この借景があるからこそ、開発する場所を決めたのだろうと、思ったのでした。



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村 



2019年2月13日水曜日

”弁当も包んだもんよ新聞紙”と言うのが川柳にあったけど、今ではそんな価値すらありません - 新聞販売店廃業(そのほか)

まだ、押紙販売店だった頃

あれー、ここ朝日新聞の販売店じゃなかったかな、と上さんに聞いてみました。
止めちゃったみたいよと言われて、おバカ新聞を読む奴もいなくなったのか。

変態パヨク新聞の牙城といえば、このアサヒル朝日新聞ですが社旗が旭日旗だ。
なのにバ韓国は、政府国民がグルで、社旗の使用を差しとめようとしませんわ。

要するに、この発狂新聞が従軍慰安婦の捏造記事をぶちかまして援護射撃だよ。
それで、日本から謝罪と賠償を引き出そうとした恐喝に、一役買ったのも事実。

まあ、国民も、そんな新聞の偏向報道には見過ごせずに月に代ってお仕置きね。
こういった悪質な糞ジャーナリズムを続けていれば、見放されるのも当たり前。

それで、民族全体で、思想ストーカーの旭日パラノイアに陥っている朝鮮半島。
戦争前かつ旧植民地の名残になるようなデザイン意匠を極端に蔑視するんだな。

この間も、かの国で行う艦監式は、海自の艦艇が旭日旗を掲揚するなと高圧的。
それなら、おべっかで参加する必要もないと断った当り素晴らしい決断でした。

それで、この前、読売も近所の販売店を閉じてしまったのが記憶として新しい。
二大新聞の凋落は止めようもなくて、身の回りにまで、ひしひしと押し寄せる。

読売もなくなったぜ

そんな今日この頃ですが、自分も新聞の購読をやめてから、数年になりました。
ネットの台頭で、ニュースを新聞と比較すれば事実の歪曲がどっちか明白です。

なので、従来のメディアは糞ゴミメディアに成下がって、テレビも信用しない。
特にNHKなんか悪の歪曲報道の伏魔殿で、韓国海軍のレーダー照射もそうだよ。

悪質な印象操作で、トリミング写真をわざと使ったような形跡がありありなの。
共同通信も似たり寄ったり、こいつら韓国と中国の手先外の何物でもないんだ。

というわけで、新聞なんか軽減税率を適用したら絶対に百害あって一利なしだ。
もっというなら、テレビも電波利用料が安すぎで、携帯キャリアの十分の一なんだから、ゴミ情報ばかり垂れ流すような悪徳メディアには、代金を二十倍三十倍徴収したって構わないと思うのでした。


哨戒機に攻撃兵器なんかないのに、臆病者



いいねと思ったら、三つポチっとね!
にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村    にほんブログ村      にほんブログ村